TOP > 転職に役立つ資格 > 保育士に英語力は必要?英語を活かせる保育園がある?

保育士に英語力は必要?英語を活かせる保育園がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語のカードを見せる保育士

小学校で必修の科目になるほど子どもの英語教育は重要視されています。

実はその影響は保育業界にも及び、保育士も英語を話せるようになったほうが良いと言われています。

ここでは保育士が英語を学んだほうが良い理由やおすすめの資格などについてお話します。

ちなみに「保育士」は英語で「childminder」「nursery school teacher」「daycare teacher」などと言います。よければ覚えておいてください。

保育士に英語力が必要な理由

保育士はあくまで子どもの保育が仕事ですし、預かる子どもも多くは日本人です。

日本語以外を話せるようになる必要なんて内容に思えますが、どういった理由があるのでしょうか。保育士に向けてわかりやすく説明します。

英語を重視する保育園の増加

保育園でも英語を使う機会を子どもたちに提供するところが増えています。

その際指導するのはもちろん保育士です。保育士に知識がなければ指導なんてできませんよね。

現在導入されていない保育園でも今後導入される可能性は十分考えられます。

今は必要なくても、早い段階から知識をつけていくことをおすすめします。

日常的に英語を話す園の増加

インターナショナルスクールのように日常的に英語を使うスタイルの保育園が増えています。

言語は自然な形で身につけさせるのが1番良いという親の意向が反映されています。

こういった施設で働くことができる保育士には留学経験やTOEICで高い点数を取っているといったスキルが必要になります。

働く場所の選択肢が増えるのは大きなメリットです。

特技・資格として転職で有利になる

英語に限らずどのようなスキル・資格でも持っていると転職するときに有利に働きます。

外国語のスキルは持っている人が少ないため、市場価値が非常に高いです。

言語の取得は簡単なことではありませんが、最低限のスキルや資格を持っておくと良いと思います。

オススメの資格はあとでご紹介します。

2017.07.11
小学校で必修の科目になるほど子どもの英語教育は重要視されています。実はその影響は保育業界にも及び、保育士も英語を話せるようになったほうが良いと言われています。ここでは保育士が英語を学んだほうが良い理由やおすすめの資格などについてお話します...

保育士の英語教育とは

保育士が子どもたちに行う英語教育は、大人のものとは全く違います。

どのような特徴があるのかご紹介します。

テスト勉強ではない

学校の授業では「スペル」「発音」「意味」などを覚える必要がありますが、保育園の場合は違います。

子どもたちが英語に慣れ親しむようにするための教育なので、知識をつけるための取り組みは行いません。

基本的には「聞くこと」を重視します。ネイティブな発音を聞くことで今後自分が話すときにも役立ちます。

歌やダンスで学ぶ

保育士は通常の業務でも歌やダンスを子どもたちと行うこともありますが、ここに英語を折り込みます。

そうすることで子どもたちの関心が高まり、もっと知りたい、もっと学びたいと思うようになります。

どんな教育も最初は楽しさを感じさせることが必要です。

保育士にオススメ!「保育英語検定」

保育士が英語教育をしたいならやはり資格を取得するべきです。知識・スキルがつくことで業務にも自信がついてきます。

そんな保育士にオススメの資格が「保育英語検定」です。

どのような資格で、どうやって取得するのかなど詳しく説明します。

資格の概要

保育英語検定協会が認定する民間資格で、1級~5級まで6段階に分かれています。

通常の英検と違うのは保育に特化しているということです。例えばリスニングでは子どもの話す言葉を聞き取るというようなものがあります。

保育士業務に直結させることができるので、保育士に非常に人気の資格となっています。

資格の取得方法

資格を取得するには検定試験に合格しなければなりません。

2級~5級は筆記試験のみ、1級と準1級は筆記試験と面接があります。

試験は年に3回ほど行われているので、自分のタイミングで受験することができます。

段階別の難易度

1級から5級までの段階別に難易度をまとめてみました。

  • 5級(難易度はかなり低めで、一般的な単語がわかれば合格できます。試験時間も30分と短めです。)
  • 4級(初級レベルですので、このあたりまでは多くの保育士が合格できるでしょう。子どもと定型文を使ってコミュニケーションできるくらいの知識があれば合格できます。)
  • 3級(ここからは筆記試験の他にリスニングが加わり、難易度がすこし上がります。簡単な会話であれば理解できる程度の知識が必要です。)
  • 2級(補助ができるレベルです。聞くだけでなく文章作成能力が無いと合格できません。)
  • 準1級(業務で完璧に活かせるレベルです。他の人への指示ができるほどの高度な知識が必要になります。ここから筆記試験の他に面接が加わります。)
  • 1級(専門的な知識レベルです。かなり高度なコミュニケーション能力が必要になります。難易度がかなり高めです。)

自分にあったレベルを受験してみましょう。目指すは1級です。

資格を取得するメリット

検定試験の歴史が浅いため、資格の知名度は高くありません。

しかし保育士のスキルアップにつながるのは確かです。

また、保育士の転職に有利になる、働き方の選択肢が増えるというメリットもあります。

英語力のある保育士に

今後も英語を重視する保育園は増えていきます。そのためにも今から英語の勉強を始めていきましょう。

既に英語が話せるよ、という保育士はぜひあなたの力を活かせる職場で働いてください。

英語を話せる保育士はとても貴重な存在です。

転職なら「保育ひろば」がおすすめ

保育ひろば

英語を活かせる職場探しなら転職サイト「保育ひろば」がおすすめです。

業界内での信頼が高く、さまざまな保育士求人が集まる傾向にあります。理想の職場が見つかるはずです。

無料で使えるのでまずは気軽に使ってみてください。

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

関連する他の記事

【解説】20代の保育士向け!転職活動のコツを紹介
仕事をしている人なら誰でも1度は転職を考えたことがあると思います。特に20代の内は、職場が合わなかった...
中卒でも保育士になれる!中卒で保育士資格を取る方法を徹底解説
大学や短大、専門学校で勉強して資格を取るのが一般的である保育士。保育士になりたかったけど、家庭の事...
恋愛相手に男性保育士はアリ!?気になる彼らの魅力とは
最近多くなってきている男性保育士、彼らの恋愛事情や旦那さんにした場合に困ることや助かること等を紹介...
「看護師」と「保育士」なるならどっち?メリット・デメリットを解説!
「看護師」と「保育士」は似ているようで大きく違う職業です。どちらも女性に人気の職業であるというとこ...
ページ上部に戻る