TOP > 保育士のお悩み > 気になる保育士の平均年収&アップする方法を徹底解説!

気になる保育士の平均年収&アップする方法を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育士の年収

「保育士の給与が低いのは誰でもできる仕事だから」

これはホリエモンこと堀江貴文さんの言葉です。これに対して憤りを感じない保育士はいませんよね。給与が低いのは事実ですが、保育士は簡単な仕事ではありません。

過酷な労働環境や人材の不足が話題になっている保育士ですが、年収が低いのも非常に大きな問題です。他の職業と比較すると圧倒的に保育士の年収は少ないです。なぜなのでしょうか。

このページでは保育士の年収がどうして少ないのか、アップするための方法などについてお話します。

年収が上がれば堀江さんの発言のようなことは言われなくなるはずです。

保育士の平均年収

総合データ

  • 平均年収:約320万円
  • 平均月給:約22万円
  • 平均初任給:約16万円
  • 平均ボーナス:約60万円
  • 平均年齢:約34歳
  • 公立保育士のデータ

  • 平均年収:約540万円
  • 平均月給:約33万円
  • 平均初任給:約17万円
  • 平均ボーナス:約150万円
  • 平均年齢:約44歳
  • 私立保育士のデータ

  • 平均年収:約300万円
  • 平均月給:約18万円
  • 平均初任給:約15万円
  • 平均ボーナス:約40万円
  • 平均年齢:約36歳
  • 平均年齢が違うとはいえ私立保育士と公立保育士ではかなりの差があることがわかります。初任給はそこまで差はありませんが、年齢を重ねるに連れて徐々に差が開いてくるようです。

    (※厚生労働省のデータ、独自の調査結果を参考にしています)

    2018.04.17
    「保育士の給与が低いのは誰でもできる仕事だから」これはホリエモンこと堀江貴文さんの言葉です。これに対して憤りを感じない保育士はいませんよね。給与が低いのは事実ですが、保育士は簡単な仕事ではありません。過酷な労働環境や人材の不足が話題になっ...

    保育士の年収は本当に低い?

    データを見ると保育士の年収はそこまで低くないように思えますよね。

    そこで厚生労働省の調査をもとにして、資格職の平均年収ランキングを作成しましたのでご覧ください。

    順位職種平均年収
    1医師1,100万円
    2弁護士1,090万円
    3公認会計士720万円
    4税理士715万円
    5不動産鑑定士710万円
    6社会保険労務士670万円
    7歯科医師650万円
    8一級建築士645万円
    9獣医師635万円
    10技術士595万円
    11診療放射線技師535万円
    12薬剤師530万円
    13看護師480万円
    14臨床検査技師470万円
    15クレーン運転士460万円
    16測量士455万円
    17歯科技工士425万円
    18作業療法士405万円
    19理学療法士400万円
    20准看護師395万円
    21ボイラー技士390万円
    22ケアマネージャー370万円
    23歯科衛生士350万円
    24栄養士340万円
    25調理師330万円
    26保育士 320万円
    27ホームヘルパー300万円
    28美容師285万円
    29理容師280万円
    30調理師見習い260万円

    保育士は30職種中26位という結果です。かなり年収が低いことがわかりますね。

    なぜ保育士の年収は低い?

    ではどうして保育士の年収はここまで低くなってしまったのでしょうか。

    補助金が少ない

    保育士の給与は就労先から支払われますが、保育園は市区町村などから受け取った補助金から保育士の給与を支払っています。

    しかし、その補助金は十分な額ではなく、保育園の運営費に消えていってしまうようです。

    そのため保育士の給与に充てるだけの資金が足りておらず、低給与につながっています。

    施設形態・雇用形態による差

    保育士と言っても全員が保育園で正社員として働いているわけではありません。施設形態や雇用形態によって額に差が出てきます。

    保育園では私立よりも公立のほうが給料が高い、保育園よりも企業内保育室や院内保育室のほうが給料が高いなど、施設形態によって変化します。

    雇用形態に関しては当然正社員が最も高いです。まれにパートやアルバイトの方が稼げることもありますが、福利厚生などを考慮すると正社員の保育士のほうが給与は高くなります。

    昇給しにくい

    保育士は女性が大半を締めていますが、女性には結婚や出産、育児などで現場を長期的に離れる、または辞めてしまうことが多いです。

    そのため、継続的な勤務が難しく、昇給しにくいという現状となっています。昇給しなければ相対的に平均年収も下がってしまいますよね。

    また、保育園によってはなかなか役職の枠が空かずに昇進につながらない場合もあるようです。

    保育士の年収を上げる方法とは

    保育士の年収を上げるためには以下の方法があります。

    • 手当のある資格を取得する
    • 保育所に直談判
    • 思い切って転職する

    それぞれの方法を説明していきます。

    手当のある資格を取得する

    保育所によっては業務に役立つ資格を持っていると給料に手当がつく場合があります。

    業務に役立つ上に給料も上がって一石二鳥なのでおすすめです。

    すべての施設であるわけではありませんが、資格は持っておいて損はないので取得してみてはどうでしょうか。

    保育所に直談判

    力技ではありますが、園長などに直接交渉してみましょう。

    すぐには効果がないかもしれませんが、何かしらの措置をしてくれるかもしれません。

    施設側も給料の不満で辞めてしまうことは望んでいないので、待遇の改善が期待できます。

    とはいっても雇用されている側なので、立場をわきまえて交渉しましょう。

    思い切って転職する

    手っ取り早いのが思い切って転職してしまうことです。今より給料が高い職場に転職しましょう。

    保育士の転職は珍しいことではないですし、どこも人手不足で求人数には困らないです。

    基本的に年齢は関係ありませんが、少しでも若いうちに転職することをおすすめします。

    絶対に年収をアップさせる転職サイトは「保育ひろば」

    保育ひろば

    「保育ひろば」は数ある保育士転職サイトの中でもトップクラスの人気を誇ります。利用者満足度は94.2%と驚きの数字です。

    高給与求人を多数紹介してくれるので大幅な年収アップが見込めます。

    完全無料で使えるサイトなので、ぜひお気軽に利用してください!

    ⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

    関連する他の記事

    保育園で働く看護師に注目!病院よりも保育園は働きやすい?
    保育園には看護師がいるということをご存知でしょうか。保育園で働く看護師にはどんな役割や仕事があるの...
    知らなきゃヤバイ!五領域保育ってなに?
    五領域保育という言葉を知っていますか?質の高い保育士になるためには必要な知識なので、知らないという...
    保育園のお散歩のねらいとは?保育士はどうすればいい?
    保育士の業務では子供たちをお散歩に連れ出すことがあります。子供たちが外で遊んでいる姿は誰もが癒やさ...
    保育士ならワーホリしやすい!資格を活かすことも可能!
    まだ英語力にそんなに自信がないけど、海外で生活をしてみたい、ボランティアから始めてみたい!そんな方...
    ページ上部に戻る