TOP > 履歴書・面接のコツ > 保育士100人に聞いた転職理由ランキング!面接での答え方も紹介

保育士100人に聞いた転職理由ランキング!面接での答え方も紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育士の転職理由

実は保育士は転職率が高い職業です。人材不足な施設が多く転職先にそこまで困ることも無いため、思い切って転職を決断する人が多いようです。

では保育士が転職する理由は一体何なのでしょうか。

ここでは保育士の主な転職理由や面接での答え方についてお話します。

保育士100人に聞いた!転職理由ランキング!

保育士の転職理由ランキング

転職をした保育士さん100人に転職理由を問うアンケートを行ったところ画像のような結果になりました。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

第1位「給料や福利厚生に不満がある」

ご存知のかたも多いかとは思いますが、保育士業界は給料があまり高くありません。

ただ施設によってもらえる額にかなりの差があることがあります。生活がかかっていることを考えると少しでも給料が多いところに転職しようと考える保育士さんが多くいることにも納得がいきます。

また給料だけでなく福利厚生も転職を考える大きな理由になっているようです。働きやすさに直結してくる福利厚生はなるべく充実した保育園に就きたいですよね。

第2位「残業が多い」

転職理由で次に多いのが残業が多いことに対する不満です。

保育士は基本的にやることが多く、イベントの開催が迫っていると準備など残業で片付けることが多くなります。

持ち帰り業務が毎日あるという保育園もあるそうです。

こちらも保育園によって待遇が異なるので転職理由上位に上がっているようです。

第3位「人間関係に不満がある」

人間関係が原因で退職するというのはどこの職場に行ってもあることだと思います。

しかし保育園で特に注目すべきは職員のほとんどが女性で構成されているということです。

全国平均で男性保育士の割合はわずか4%ともいわれており職員全員が女性という保育園に勤務している方もいるのではないでしょうか。

そんな女性が大多数を占める保育園だからこそある、女社会に特有の陰口や嫌がらせで苦しみ転職を検討する保育士さんがたくさんいるようです。

第4位「園の方針と合わない」

子供のことが本当に好きで保育士になったのは良いけど、就職先の保育園では利益が優先されて園児のことは後回しで辛いと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

保育に対する方針が当初聞いていたものと違ったということで転職を考える保育士さんもいるようです。

第5位「保育園が遠い」

少数ではありましたが勤務先の保育園が遠いという転職理由も上がりました。

給料もよく福利厚生も充実しているから多少遠い勤務地でも我慢しようと最初は考えていたものの、いざ毎日通うとなると大変…ということで転職を考えた方もいたようです。

2018.10.10
実は保育士は転職率が高い職業です。人材不足な施設が多く転職先にそこまで困ることも無いため、思い切って転職を決断する人が多いようです。では保育士が転職する理由は一体何なのでしょうか。ここでは保育士の主な転職理由や面接での答え方についてお話し...

転職理由を面接で聞かれた時は?

ここまで紹介してきたのは保育士の本当の転職理由、いわゆる本音です。

面接でも転職理由は当然聞かれることになりますが、正直に答えて良いものなのでしょうか。

工夫して答える

転職理由の殆どはネガティブなものです。ですが、前の職場に不満があったからここに来たという理由では悪い印象を与えかねません。

ネガティブな理由なのであれば伝え方を工夫するなどして少しでもポジティブに近づけましょう。例えば「給料が低かった」ではなく「実績が評価されにくかった」というと少し印象が良くなります。

どうしても難しいと感じる場合は前の職場の問題点をどう改善しようとしたのかを伝えましょう。「作業の効率化を行ったが労働環境が改善できなかった」「保育方針について話し合いを重ねたがすれ違いが生じてしまった」など行動した旨を伝えるだけで印象が良くなります。

ポジティブな理由ならば正直に

保育士としてのスキルアップのため、より質の高い保育をするためといったようにポジティブな理由であれば正直に答えましょう。

また、結婚や引っ越しなどのやむを得ない事情がある場合も正直に答えてしまって問題ありません。

基準としては、理由を聞いてマイナスに思う可能性があるかどうかです。仮にプラス要素がなくてもマイナス要素がないのであれば隠す必要はありません。

2017.06.13
実は保育士は転職率が高い職業です。人材不足な施設が多く転職先にそこまで困ることも無いため、思い切って転職を決断する人が多いようです。では保育士が転職する理由は一体何なのでしょうか。ここでは保育士の主な転職理由や面接での答え方についてお話し...

転職理由の具体的な答え方

ここでは退職理由を聞かれたときの具体的な答え方について解説します。

給料や福利厚生に不満があった場合

「以前の職場では職員は一律の基準で評価されていたのですが、貴園はひとりひとりの能力に応じて評価していただけると伺ったので応募させていただきました」

給料や福利厚生に不満があったことをそのまま伝えてしまうと当然悪い印象を与えてしまいます。

そこで正当に評価される保育園ではなかったという形で言い換えてみましょう。

このように答えることによってマイナスイメージは付きにくくなります。

また「貴園の評価方法に共感した」と付け加えることによって志望理由にも説得力が増します。

残業が多いことに不満があった場合

「以前の職場で私が勤めていた時期は人材不足が深刻で、労働環境が悪化しており体調を崩してしまいました。周りに迷惑をかけてはいけないと思い退職することにしました。現在は休養をとったことで無事回復しているので、心機一転して頑張りたいと考えております。」

残業が多くてやめたという理由もそのまま伝えてしまうと忍耐力がない印象を与えてしまうので言い方を工夫しましょう。

たとえばやむを得ない事情があり園全体を考えた結果退職を選択したという形で伝えてみましょう。

自分の都合で退職したのではなく保育園のことを考えた上で退職したと伝えることでマイナスイメージは回避できます。

また「転職した園で頑張っていきたい」と前向きな気持ちを伝えるようにしましょう。

人間関係に不満があった場合

「同僚や上司の方と自分の保育士としての子供への関わり方が異なっているように感じ、意見交換を重ねましたが進展がなかったので退職に至りました」

以前の職場で人間関係が悪かったことをそのまま伝えてしまうと、わがままに見られてしまったり、コミュニケーション能力に問題があるのではないか?と思わせてしまうかもしれません。

この場合は保育に対する価値観が違ったという形で伝えるようにしましょう。

保育観が異なっていたと伝えることで真剣に保育に向き合っている印象を与えることができ、マイナスイメージは避けられます。

悩んだら思い切って転職しよう!

転職というのはリスクが伴うことですし、あまり経験したくないと考えるのが自然です。そのため現在の仕事に不満があっても転職に踏み切れないという人も多いです。

ですが、悩んでいるのであれば思い切って転職してしまうことをすすめます。

保育士の転職は決して珍しいことではないですし、少しでも自分にあった環境で働いたほうが良いと思います。

思い切って転職に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

転職するなら「保育ひろば」がおすすめ

保育ひろば

もしも転職先を探したいなら転職サイト「保育ひろば」がおすすめです。

保育士の転職に精通したコンサルタントがあなたに合った転職先を紹介してくれます。

完全無料のサイトなので、ぜひ利用してください。

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

私がお届けしました!

新人ライター
音楽と便利なものを探したり使ったり作ったりするのが好きな新入社員です!

関連する他の記事

【保育士のお悩み】保護者からのクレーム予防・対応マニュアル
保育士の皆さんの大きな悩みの種の1つとしてあげられるのが、保護者の方々からの理不尽なクレームです。保...
【転職初心者必見】保育士転職サイトの正しい選び方とは?
保育士として日々お仕事を頑張っている方で転職を考えている方はどのサイトを使えばいいのかなどわからな...
保育士とごっこ遊びの関わり方とは?ごっこ遊びのネタもご紹介!
保育士の皆さんはごっこ遊びと聞いてピンとくる人は多いのではないでしょうか。みなさんも幼い頃はごっこ...
保育士が病欠するとどうなる?病欠する際に注意することを紹介!
保育園は人員配置が決まっているので、病欠に対しても厳しい場合がありますよね。しかし、人間なので体調...
ページ上部に戻る