TOP > 保育士から異業種へ > 保育士から違う職種への転職はできるの?転職先紹介!

保育士から違う職種への転職はできるの?転職先紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもに勉強を教える女性

保育士は給料が低いと言われていますが、待機児童問題など影響から給料が高くなりつつあります。

しかし、平均給料はまだ低く、転職を考える方も少なくないと思います。

保育士の転職は求人数も多く、選びやすいですが、まったく違う職種となると苦労する人も少なくないようです。

ここでは、保育士の辞める理由や新しい就職先はどういったものが多く選ばれているのか紹介していきます。

保育士が転職したい理由

保育士は、子供たちの成長を実際に感じながら働くことのできるとてもやりがいのある仕事です。

その一方で、労働環境はあまりいいところは少なく、給料も一般的な企業に比べて低く理想と現実のギャップに悩む方も少なくありません。

ここでは、実際に保育士が辞める理由としてどのようなものが多いのか紹介していきます。

給料や労働環境に対する不満

保育士は人気が高い職業ですが、給料が低いことが最近でも問題になっていました。

特に男性保育士など家庭を支えなければならない立場の人にとっては給料が手取り20万円を切ることは致命的だと思います。

また、サービス残業や持ち帰りの仕事の多さから、常に時間に追われなかなか自分の時間を作りづらいのも保育士を辞めたくなる原因の1つだと思います。

最近では、待機児童問題など、保育士不足の状態が続いているので休みが取りづらいことも少なくありません。

人間関係に関する不満

これまで給料や労働環境の問題点を挙げましたが、退職理由で最も多いのは人間関係によるものです。

保育士は、男性の方もいらっしゃいますが、まだまだ女性のほうが圧倒的に多く、人間関係に気を遣う機会がとても多いようです。

職場の上司や同僚の派閥争いやいじめなどに加えて、保護者との人間関係に苦労する人も多いようです。

ほとんどの保護者は理解のある保護者なのですが、一部には対応に困ってしまうようなことを言ってくる保護者もいて、苦労してしまう人もいるようです。

保育士から転職がしやすい職種

上記のような理由から、折角勉強してなった保育士を辞めてしまう人も少なくありません。

保育士から保育士に転職する人は、3割程度とあまり多くありません。

しかし、一旦別の職種に転職した後に保育士にもう1回挑戦する人も3割程度います。

保育の仕事につく人のほとんどは子供好きでやりがいを感じていることから、別の職種では、物足りなさを感じてしまう人も少なくないようです。

ここでは、保育士から幼稚園教諭など保育業界での転職をしたら、どういったメリットやデメリットがあるのか紹介していきます。

同業界の別職種に転職!

保育業界内で保育士以外の職種に転職するとなると、幼稚園教諭や学童保育や院内保育などの自身のキャリアを生かせる転職先に就職する方がいますがどういったメリットがあるのでしょうか?

メリットとしては、やはり子供と触れ合える時間があり、今まで保育士として働いてきた経験を活かせるところです。

子どもの成長を目の前で実感しながら仕事をできることにやりがいを感じる人は多いようです。

一方でデメリットとしては、やはり女性の職員が多いことから、職場内の人間関係への不安や保護者などの関係が働く場所によって左右されることです。

しかし、院内保育所などは行事がなく業務の負担が少ないという理由などから人気の転職先になっています。

全く違う職種にチャレンジ!

転職される方の中には、一般事務やアパレル関係といった全く違う業界の異業種にチャレンジされる方もいらっしゃいます。

いままでの経験がない分、新鮮ではあるかもしれませんが、やはり大変な部分もあります。

保育士は特殊な職業のイメージがある企業も少なくないようで、転職活動では苦労したという経験や今までの経験が活かしづらい職種に転職人は、なれるまでに苦労する人が多いようです。

一方で、給料の大幅に上がることや定時に帰宅できるというメリットもあります。

家庭のある人にはやはり、保育士の労働環境は働きづらく一般事務などに転職する方もいるようです。

保育士でも異職種でも自分に合った選択を

ここまで、保育士が転職を考える理由から実際に別の職種で働くことのメリットやデメリットについて紹介してきました。

別業界でも、介護系や児童向けの習い事や塾の講師など今までの経験も活かしやすい業界はありますが、1度別業界に就職しても将来的には保育の仕事をしたいと考えている人が多いことから、やはり保育士の仕事方がやりがいを感じられることが分かります。

給料面や待遇面で不安があり、転職する人は転職活動時に苦労する傾向が強く、なかなかやりがいを感じる仕事に就けないことから、安易での別職種への転職は返って危険かもしれません。

現在ある保育に関わる様々な転職サイトがありますが、その中には人間関係が良好な職場のみを紹介してくれるサイトや給料が高めに設定されている求人を多く扱うサイトが増えてきています。

今の労働環境や給料面での不安があるのであれば、別の保育園で働き、保育士としてのキャリアを形成していくのも1つの手だと思います。

2017.08.22
保育士は給料が低いと言われていますが、待機児童問題など影響から給料が高くなりつつあります。しかし、平均給料はまだ低く、転職を考える方も少なくないと思います。保育士の転職は求人数も多く、選びやすいですが、まったく違う職種となると苦労する人も...

転職サイトを使うなら「doda」

全く違う職種に転職をしたいのであれば、dodaを使って転職をすることをおすすめします。

コンサルタントに相談すれば、保育士から異業種にスムーズに転職できるようなサポートをしてくれますよ!

⇨【dodaの詳細はこちら】

関連する他の記事

30代で保育士は転職できる?転職する時に注意したいポイントとは
20代はまだまだ若く経験も浅いため転職を決断しやすいのですが、30代ともなるとそうはいきません。失敗を...
保育士が1年目で転職するのってどうなの?
誰しも仕事を辞めたくなるときってありますよね。それは保育士も同じです。仕事は楽しいことばかりではな...
保育士に年齢制限はある?気になる定年事情を徹底解説!
「保育園落ちた」で有名な保育界。とってもとっても人手不足で、保育園に落ちる家庭もでてきている現状!...
公務員保育士は安定?メリット・デメリットを徹底解説!
保育士は子どもを預かって保育を行う職業ですが、実は公務員扱いになる場合があるのをご存知ですか?これ...
ページ上部に戻る