TOP > 履歴書・面接のコツ > 【面接必勝法】保育士必読の面接対策5選!ポイントを詳しく解説

【面接必勝法】保育士必読の面接対策5選!ポイントを詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育士の面接対策とコツ

転職を考えている保育士の人が不安に感じていることのひとつとして面接対策が挙げられます。

何の準備もせずに、ありのままの自分で採用してもらえれば良いのですが、そんなに甘くはありません。

保育士の転職においても面接対策は非常に重要です。

ここでは保育士の転職を成功に導くための面接対策、面接を通過するためのコツをご紹介します。

面接対策①「経験やスキルをアピールしよう!」

中途採用の保育士に求められるのは「即戦力としての力」です。新卒採用との決定的な違いはこの部分です。

前職場における実務経験で培った力をアピールして、自分は即戦力になれるということを伝えましょう。

そのような経験やスキルのアピール方法をご紹介します。

保育スキルや資格をアピール

「実務経験が何年あります」というだけでもアピールにはなるのですが、保育スキルをアピールするのであれば実体験をもとにすると良いでしょう。

前職場でのエピソードを交えて自分にはこのような保育スキルがあるということを存分にアピールしましょう。

わかりやすく保育スキルをアピールしたいのであれば、保育士の業務に役立つ資格を持っていることを伝えましょう。「チャイルドマインダー」「チャイルドケア」などの資格を持っていると面接官からも一目置かれるはずです。

将来のビジョンや保育観をアピール

将来のビジョンがしっかりしている人は好印象を受けますが、ビジョンが曖昧な人は、すぐ辞めてしまうのではと思われがちです。

今後どのような保育士になっていきたいのかを考えておきましょう。

また、保育観を質問で問われ、保育にきちんと向き合っているかを確認されることもあります。保育観は施設によって方向性が決まっていることもあるので、あまりにもそれてしまわないように気をつけてください。

経歴に穴がないように

短いスパンで転職を繰り返している、無職の期間があったなど経歴にマイナスイメージを与える部分が無いようにしましょう。

もちろん転職回数が多くても無職の時期があっても正当な理由を答えられるのであればなんの問題もありません。

経歴におかしなところがあれば必ず面接官に聞かれるということだけ覚えておいてください。正当な理由を用意しておくと良いでしょう。

面接対策②「人柄とコミュニケーション」

「この人と共に働きたい」と思わせなければ採用には繋がりません。となると大事なのは「人柄」と「コミュニケーション力」です。

保育士のスキルも大事ですが、保育士である前に社会人としてのスキルを見られることになります。

どうすれば人柄やコミュニケーション力が採用担当者に伝わるかをご紹介します。

ビジネスマナーに気をつける

面接では普段使わないような敬語を使ったり最低限守るべきマナーがあったりと言動のすべてに注意しなければなりません。

例えば一般企業では貴社、御社と言いますが、保育園の場合は貴園、御園になります。

知らない間に失礼な言葉遣いや行動をしてしまわないためにも最低限の知識は身につけておきましょう。ただし、気を張りすぎると堅い印象を与えてしまうので基本的なレベルで大丈夫です。

言葉遣いは普段から意識していないとふとした時にミスが出てしまうので、日常的に意識することをおすすめします。

笑顔を心がける

第1印象を良くするための簡単な方法はずばり「笑顔」です。

笑顔で対応しているだけで明るい人なんだなという印象を与えます。

子どもたちを相手に仕事を行う保育士は他の職業以上に笑顔を大事にしています。素敵な笑顔で人柄をアピールしましょう。

面接対策③「質問に対する答えの準備」

保育士の就職活動と転職活動では面接で問われる質問にも違いがあります。

転職ならではの質問に応えられるように準備をしておきましょう。

代表的なものを紹介します。

確実に聞かれる質問

  • あなたの自己紹介をお願いします。
  • この保育園を志望した理由を教えてください。
  • 自己PRをお願いします。

採用する側としても絶対に必要な情報だと思います。自己紹介は簡潔なもので大丈夫です。確実に聞かれるので用意しておきましょう。

人間性についての質問

  • あなたの長所を教えてください。
  • あなたの短所を教えてください。
  • なぜ保育士になろうと思ったのですか?

性格や考え方は保育園との相性に直結する部分なので、嘘をつくのは良くないですが答え方には注意してください。

働き方についての質問

  • 今までの仕事で楽しかったことは何ですか?
  • 今までの仕事で辛かったことは何ですか?
  • 仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

前の職場での保育士業務で何が楽しかったのか、大変だったのかというのはよく聞かれる質問です。ベタですが行事やイベントなどに絡めると答えやすいでしょう。

転職に関する質問

  • なぜ転職しようと考えたのですか?
  • 他に受けている保育園はありますか?

ほぼ確実に聞かれる質問が「転職した理由」です。一概には言えませんが多くの人が「給料が低いから」「残業が多いから」「人間関係で苦労していたから」など後ろ向きな理由だと思います。

もちろん正直に答えてしまっても良いのですが、後ろ向きな理由をそのまま伝えてしまうとマイナスイメージを持たれかねません。

保育士としてその理由にどう向き合ってどう改善しようとしたのか、その過程を伝えるだけでだいぶ印象が良くなりますよ。

その他の質問

  • 幼稚園ではなく保育園を選んだ理由を教えてください。
  • 保護者からのクレームにはどのように対処しますか?
  • 逆に何か質問はありますか?

すべての質問の答えを用意していくのは難しいので、自分の人生や前職で学んだことを振り返っておきましょう。答えのヒントになります。

逆質問は自分の熱意が伝わる質問か、その職場で働くことをイメージした質問などが良いでしょう。調べてわかるものはNGです。

2017.07.03
転職を考えている保育士の人が不安に感じていることのひとつとして面接対策が挙げられます。何の準備もせずに、ありのままの自分で採用してもらえれば良いのですが、そんなに甘くはありません。保育士の転職においても面接対策は非常に重要です。ここでは保...

面接対策④「面接の服装・髪型」

面接対策を入念に行えば行うほど面接当日は緊張してしまうものです。

準備したことが無駄にならないように当日は気を付けなければならないことがたくさんあります。

保育士の面接当日の対策についてお話します。

面接にふさわしい服装

転職の場合も就職と同じようにリクルートスーツを着ていけば間違いはありません。

どうしても私服が良いという場合はジャケットなどのフォーマルな格好にしましょう。

靴やバッグは黒や茶色のシンプルなデザインのものにして、アクセサリーなどは避けましょう。

面接にふさわしい髪型・メイク

髪型は基本的に黒が良いでしょう。明るめでなければ茶色でも問題ないと思います。

メイクもなるべくナチュラルメイクにしましょう。

いずれにしても保育士として働く人の髪型・メイクを心がければ大丈夫です。

2017.08.18
転職を考えている保育士の人が不安に感じていることのひとつとして面接対策が挙げられます。何の準備もせずに、ありのままの自分で採用してもらえれば良いのですが、そんなに甘くはありません。保育士の転職においても面接対策は非常に重要です。ここでは保...

面接対策⑤「面接当日の心構え」

面接当日はどのような心構えでいればよいのでしょうか。

家に帰るまで気を抜かない

当日は面接の部屋に入ったら気を引き締めるのでは遅いです。極端ですが、家を出た時から気を抜かないようにしましょう。

どこで誰に見られているか分かりませんので、発言・行動のひとつひとつに気を付けて行動しましょう。

面接以外も気をつける

転職を失敗する人の特徴として「面接さえ頑張ればいい」という考え方が挙げられます。たしかに採用するかの判断は面接によって大きく左右されるのですが、だからといって採用する側も面接の時の態度だけを見ているわけではありません。

例えば職場見学の態度、帰宅中の様子なども採用担当者は見ていることがあります。その時からすでに採用が始まっているのです。

そのためにも普段から転職活動中という意識を持つことが必要なのです。

転職を成功させる最強の面接対策は転職サイト!

保育ひろば

「面接対策をさらに入念に行いたい」「もっと詳しい人に相談したい」「忙しくて答えを用意する暇がない」という人は転職サイトを利用しましょう。

転職サイトに登録するとコンサルタントによる面接対策を受けることができます。転職のプロの目線からアドバイスをもらえるので、採用率をアップすることができるはずです。

数ある保育士転職サイトの中でも特におすすめなのが「保育ひろば」です。

完全無料で利用することが出来、利用者満足度は94.2%!

培った転職ノウハウで保育士の面接対策をサポートします。

面接に対して不安がある人、さらに自信をつけたい人はぜひ登録してください。

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

私がお届けしました!

新人ライター
音楽と便利なものを探したり使ったり作ったりするのが好きな新入社員です!

関連する他の記事

実は転職で有利?50代保育士の転職ポイントを徹底解説!
50代の保育士というと、大ベテランといわれることもあるでしょう。そんな方々でも転職することは可能なの...
保育士の時給はいくら?どうやったら高時給で働ける?転職がおすすめ?
保育士の給料が低いというのは有名な話です。責任が重く、負担が大きい仕事にしては割に合わない給料にな...
保育士2年目で転職しても大丈夫?ポイントを徹底解説!
保育士として1年間勤務してみると仕事の大変さが痛いほどわかります。退職したいなと感じてしまう人も少な...
保育園のお散歩のねらいとは?保育士はどうすればいい?
保育士の業務では子供たちをお散歩に連れ出すことがあります。子供たちが外で遊んでいる姿は誰もが癒やさ...
ページ上部に戻る