TOP > 転職コラム > 保育士が転職で失敗するのはなぜ?成功のポイントを解説!

保育士が転職で失敗するのはなぜ?成功のポイントを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育士が転職で失敗しないためには?

現在の職場に不満があるけれど、不安からなかなか転職に踏み切れないという保育士は多いのではないでしょうか。

ですが、ポイントさえ把握すれば素敵な職場で働くことができますよ。

今回は、保育士が転職をする際に起こりやすい失敗とそれを防ぐためのポイントについて説明します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

保育士の転職で起こりやすい失敗とは?

保育士は転職がしやすい分、失敗も起こりやすいです。

その失敗にはよく起こるパターンがいくつか存在しています。

あらかじめ失敗の例を知っておくことによって自分の失敗を防ぐことができますので、しっかりと確認していきましょう。

実は労働時間が条件と全く違う

求人募集に書いてあった条件と実際の労働時間が実はかけ離れていた、というのはまさに典型的なパターンです。

自分の時間を大事にしたくて転職したのに、実は残業だらけで休み無し、なんてこともちらほら起こっているのです。

特に人手が不足している施設などでは、人を集めるために実際よりも良い条件で募集をかけているという場合もあるようです。

施設の保育方針が合わない

あらかじめ施設の保育の方針を確認せずに転職した場合、自分のやりたい保育とあまりに違っていてショックを受けるという可能性が考えられます。

求人募集に載っている情報は最小限のものですので、パッと見だけで判断してしまうとこのような失敗が起こりやすいのです。

人間関係がうまくいかない

自分の理想通りの条件である施設に転職したのに、人間関係がうまくいかない…というのも非常に起こりやすい事例の一つです。

保育士同士のコミュニケーションがうまくできないと保育にも影響が出てしまいます

必ずしも施設側が職員の人間関係に対応してくれるとも限りませんので、転職する前にしっかりと見極めないと転職前よりもつらく感じてしまうかもしれません。

保育士が転職に失敗してしまう4つの理由

よく起こりやすい保育士の転職の失敗パターンを確認しましたが、このような失敗はなぜ起こってしまうのでしょうか?

続いては、保育士が転職に失敗しやすい理由を紹介していきます。

その理由としては以下の4つが挙げられています。

  • 転職サイトを活用していない
  • 希望条件をしっかりと定めていない
  • よく考えずに転職先を決めてしまう
  • 転職回数が多すぎる

一つずつ紹介していきますので、自分が失敗しないためにも必ず確認しましょう!

転職サイトを活用していない

まず挙げられるのは、転職サイトを活用できていないという点です。

保育士専門の転職サイトでは、自分では探せない好条件の非公開求人がたくさん紹介されていたり、一人ひとりにプロのコンサルタントがついて転職活動をサポートしてくれるサービスをおこなっていたりします。

転職サイトを利用しなければ出会えない求人が多く存在していると考えると、利用しない手はないのではないでしょうか?


「でも、どの転職サイトを使ったらいいのかわからない…」という方に向けて、おすすめの転職サイトをランキング形式で紹介していますので参考にしてみてくださいね!

⇨【保育士転職サイトランキング最新版】


希望条件をしっかりと定めていない

「今の職場が嫌だからなんとなく転職したい」なんて気持ちで適当に転職をしてしまえば、当然失敗します。

自分が何のために転職するのかどのような条件で働きたいのか絶対に譲れないポイントは何かなどをしっかりと考えることが必要不可欠なのです。

自分の理想の職場を見つけるためにも、事前に希望条件はしっかりと考えておきましょう。

よく考えずに転職先を決めてしまう

「早く転職先を決めてしまいたい」という一心で焦ってしまい、しっかりと考えることなく転職先を決めてしまうというパターンは多いです。

適当に決めた転職先で働き始めたら実は予想と全然違った…なんてことは避けたいですよね。

具体的にどのような失敗が起こるのか更に詳しくみていきましょう。

条件や宣伝文句を鵜呑みにしてしまう

「年収◯万円超え!」「残業ゼロ!」などという宣伝文句は信じ込んでしまいやすいです。

もちろんそれが正しい場合もありますが、必ずしもすべての求人がその条件通りで働けるとは限らないのです。

というのも、実は示されていたモデル給与に一定時間の残業代が含まれていたり、試用期間のお給料は低かったりといった事例はよくあるパターンなのです。

お給料に関しては交通費や賞与の有無でも大きく変わってきますので、予めしっかり確認をすることやコンサルタントに尋ねることなどを忘れないようにしましょう。

採用担当の印象だけで判断してしまう

内定を承諾する際の理由として、「面接官がとても親身に話を聞いてくれたから…」と言う方がいます。

しかし、それだけで施設のすべてを決めてしまってはいけません。

応募者が少ない場合などは特に親切に対応をすることで人材の確保をしようと考えている場合もあります。

面接官がいい人だったから転職したら他の職員は全然違った!なんてことを避けるためにも、施設の見学に行ったり口コミに目を通したりすることをおすすめします。

転職回数が多すぎる

昔と比べれば、キャリアアップや自己実現のためなどの前向きな理由で転職をする人は多くなってきています。

それでも、転職の回数が多すぎる場合には悪い印象を与えてしまう可能性があります。

安易に転職を繰り返していると、仮に採用してもすぐに辞めてしまうと思われるかもしれません。

施設としては長く勤めてくれる人を求めているのです。

ちょっとした理由で転職の回数を繰り返さないことが一番ですが、もし今までで多く転職をしている場合にはなぜ転職したのかを丁寧に説明できるようにしましょう。

そうすることによって誠実な印象を与えることができますよ。

失敗なく転職するなら「保育ひろば」

保育ひろば

今後の人生を大きく左右する転職。

失敗することなく良い職場に転職したい方におすすめなのが、保育ひろばです!

このサイトは保育士専門の転職サイトであり、利用者一人ひとりにコンサルタントがついて転職活動全体を幅広くサポートしてくれます!

完全無料で利用できますので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

私がお届けしました!

新人ライター
音楽と便利なものを探したり使ったり作ったりするのが好きな新入社員です!

関連する他の記事

保育士はワークライフバランスが取れない?プライベートを充実させるコツとは
激務なイメージがある保育士さん。果たしてワークライフバランスはしっかり取れているのでしょうか。この...
【解説】20代の保育士向け!転職活動のコツを紹介
仕事をしている人なら誰でも1度は転職を考えたことがあると思います。特に20代の内は、職場が合わなかった...
保育士が転職への不安を解消する方法は?対策を徹底解説!
職場に不満が募ると「やめたいな」「別な職場で働きたいな」と考えてしまいますよね。しかし、失敗してし...
保育士の非公開求人はどうやって探す?おすすめの転職サイトはどれ?
保育士の求人の中には、非公開求人といって、一般には非公開にされていて自力では見つけられないものがあ...
ページ上部に戻る