TOP > 保育士のお悩み > 保育士の辛い不眠の症状、どんな対策がある?

保育士の辛い不眠の症状、どんな対策がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不眠の保育士

あこがれの保育士になったけど、仕事が忙しすぎて、疲れているのに眠れない。そんな悩みを抱えていませんか?

今回は、保育士が不眠になってしまう理由、不眠症の代表的な特徴は、不眠症の改善方法について紹介します。

保育士が不眠になる理由にはどんなものがあるの?

保育士には、様々な眠れない理由があります。代表的な例として2つ挙げます。

不眠症である

まず、保育士が不眠になってしまう理由として、不眠症であるということがあります。

不眠症のなかでもいくつか理由があり、それは仕事が忙しすぎる、悩みや不安があるといった理由でベットに入っても眠ることができなくなってしまいます。

昨日の疲れが取れず、仕事中に注意力が乱れることや日中に睡魔が襲う といった症状が出てしまいます。

また、保育士には仕事内容のなかでストレスが溜まることが多いかもしれません。その溜まったストレスが身体に影響を与えて、不眠症になることがあります。例えば、職場での保育士同士の人間関係にストレスが溜まってしまうことです。

眠れない日が続くと、疲れが蓄積されます。日頃働いていて、気になってしまうことのせいで眠れないこともあるそうです。

そういった仕事に対するストレスから不眠症になる保育士は多いようです。

保育士は体力が必要な仕事なので、不眠症になってしまうと仕事に支障が出てしまいます。

仕事が終わらない

次に、不眠症以外の、保育士が眠れない理由として仕事が終わらないことが挙げられます。

保育士は現場で子どもの世話をする以外にも、持ち帰りの仕事が多いことがあります、次の日までに提出が必要なものがあると仕事を家でやらざる得ないこともあります。

もちろん、保育園によっては書類関係の持ち帰りを禁止している場所もあります。しかし、保育園にいる時までに仕事が終わらない保育士が多くいます。また、書類以外にも次の日に園児たちに製作をしてもらうための準備があります。園児の人数分の準備が必要となります。

どんなに眠りたいと思っていても、仕事関係で眠れないこともあり、場合によっては夜の12時を過ぎてから就寝することもあるようです。

以上保育士が眠れない理由が2つあり、不眠症になってしまう保育士、仕事があって眠れない保育士がいるみたいです。

不眠の代表的な特徴って何?

不眠になって睡眠障害を起きてしまうと4つの特徴が出てきます。

眠れない

当たり前ですが、睡眠障害が起きてしまうと、眠れないことがあります。目安としてベットに入ってから30分経つのに眠れない、 早く起きてしまってその後眠ることができない、夜中に起きてしまうといってことが起きていたら要注意です。

どんなに寝ても眠い

十分に睡眠時間を確保しているのにもかかわらず、日中も眠くなってしまう、仕事や運転をしている時に居眠りをしてしまう人は要注意です。睡眠の質がよくない可能性が高いです。

異常な行動をしてしまう

自分では気が付きにくいものですが、寝言や寝ているときに大声で叫ぶ、過剰ないびきがあるといって異常行動がある人は要注意です。

睡眠する時間が安定しない

夜の決まった時間に寝ていない、起きる時間が一緒じゃない人も問題があるとされています。朝、仕事場に遅れてしまう人は注意が必要です。

睡眠に関して、4つのうちどれか当てはまるものはありましたか。次は、不眠が続くことによって起きてしまう問題を紹介します。

不眠が続いてしまうと、仕事に支障がでます。例えば、保育士だと子どもたちと一緒に活動をしている時に眠気が出てしまうと、判断力が低下してしまって子どもたちを危険な目に遭わせてしまう 可能性があります。

2018.04.12
あこがれの保育士になったけど、仕事が忙しすぎて、疲れているのに眠れない。そんな悩みを抱えていませんか?今回は、保育士が不眠になってしまう理由、不眠症の代表的な特徴は、不眠症の改善方法について紹介します。

不眠を改善する方法ってあるの?

不眠を改善するには、まず自分の不眠の原因を探る必要があります。不眠と聞くとすぐに睡眠薬を思いつく方も多いかもしれませんが、それでは根本的な問題が解決されない場合があります。不眠の原因について分ける必要があります。

精神的な問題

仕事に対するストレス、家庭などの周囲の環境といった精神面が原因で不眠であることがあります。

身体的な問題

仕事があって睡眠時間を確保できない。他にも腰痛や肩こり、アレルギー症状によって眠れないこともあります。

精神的な病気、神経症

不眠の理由として、うつ病や神経症になっている人も不眠になってしまいます。

また他にも飲んでいる薬やカフェインの過剰摂取によって眠れないことがあるようです。

自分が不眠である理由を探って、自分ができる対応をしましょう。 精神的な不眠が起こっている場合は、就寝前に血の流れをよくするためのストレッチ・マッサージを行うこと、自分がリラックスした環境にするためにアロマや音楽を使うといったことができます。

不眠のままはダメ!対策をして治していこう

以上保育士が不眠になってしまう理由、不眠症の代表的な特徴は、不眠症の改善方法について紹介しました。

保育士は不眠症になってしまうことが多い職種だと言われています。不眠症になってしまったら、そのままにしてくのは禁物です。自分で原因を探して対策することが大切です。不眠症のままだと悪循環してしまうので、質の良い睡眠をして好循環へと変化させましょう。

不眠で辛かったら転職もあり!

保育ひろば

保育士転職サイトの保育ひろばでは、丁寧なコンサルタントが親身に相談に乗り、自分に合った転職先を紹介してくれます。完全無料のサイトなのでまずは登録をしましょう!

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

関連する他の記事

音痴でも保育士になれる?その対処法は?
保育園では毎日のように保育士の方々や園児が歌を歌っています。教育番組で流れる有名な歌やその時流行り...
保育園、幼稚園のクリスマス会を盛り上げる!オススメのゲームと出し物特集
12月が近づいてくると同時に、今年も保育士さんを悩ませるアレがやって来ます。そうです。クリスマス会で...
【季節別】保育士の帽子選びのポイントは?
保育士さんの必須アイテムと言えば「エプロン」「ジャージ」などがありますが、お散歩や外遊びなどで外出...
【まとめ】保育士関連のニュース(※編集部のコメント付き)
最近はメディアで取り上げられるほど保育園や保育士への注目度は高いです。嬉しいニュースから悲しいニュ...
ページ上部に戻る