TOP > 保育士の仕事術 > 【保育士必見】子供をやる気にさせる言葉かけとは?

【保育士必見】子供をやる気にさせる言葉かけとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育士必見 子供が喜ぶ言葉かけ

保育士にとって、日々の子供たちへの「言葉かけ」はとても重要ですね。

子供はすごく感受性が豊かです。

そのため、大人の言った何気ない言葉が、子供たちを笑顔にしたり、時には傷つけてしまうことさえあります。

子どもたちにどのように「言葉かけ」すればいいのか、とても悩みますよね。

子供たちへの効果的な言葉かけとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

今回は保育士さんが言葉かけをする際、効果的な「言葉かけ」と、するべきではない「言葉かけ」について詳しく解説していきます!!

効果的な子供への言葉かけの方法とは?

では、まず効果的な子供への言葉かけの方法を、ご紹介していきます。

「さしすせそ」は魔法の誉め言葉!

「ほめられる」ということは子供の成長にとってとても重要です。

子供たちはほめてもらえることによって、自分が認められたと感じるようになります。

ほめられることで自信がつくと、子供は様々なことに意欲的にチャレンジするようになります。

「ほめることは確かに大切だけど、どうほめたらいいのか分からない・・・。」

そんな保育士さんにはとっておきのテクニック、「さしすせそ」を紹介します!

  • さ→さすがだね
  • し→上手だね
  • す→すごいね
  • せ→正解
  • そ→その通り

この「さしすせそ」を自分の中で常に意識しておきましょう。

繰り返し使うことで、どんどん出てくるようになりますよ!

子供に「自分で決めた!」と思わせる

例えば保育士が「お片付けしてね」や「お休みしようね」と声をかけても、子供たちは聞く耳を持たないことも多いでしょう。

そういうときは「絵本を片付ける?それとも積み木を片付ける?」など、子供にどちらか選ばせるような問いかけが有効です。

どちらにするか選ばせることで、子供に「自分が決めた」という自信をもたせ、行動に繋げやすくなります。

コツとしては、どちらを選んでも良いような問いかけにすること!

片方を魅力のない選択肢にすると、子供はあまり自分で選んだと感じることができません。

2018.06.25
保育士にとって、日々の子供たちへの「言葉かけ」はとても重要ですね。子供はすごく感受性が豊かです。そのため、大人の言った何気ない言葉が、子供たちを笑顔にしたり、時には傷つけてしまうことさえあります。子どもたちにどのように「言葉かけ」すればい...

保育士がしてはいけない言葉かけとは?

では、保育士が子供のしてはいけない言葉かけとは何があるでしょうか?

頭ごなしの言葉かけはNG

「先生の話を聞きなさい」や「早くしなさい」など「○○しなさい」等の言葉かけは、小さな子供に恐怖を与えてしまうことがあります。

もちろん、このような言葉かけが必要な場面もありますが、毎回このように怒っていては子供たちにとっては逆効果です。

怒られるのが怖いからとりあえず言うことを聞く、という状態になり、なぜ怒られているのかわからないままになってしまいます。

子供を否定するような言葉かけ

「〇〇くんはできるのにどうしてできないの」や「そんな事をする子は先生嫌いだよ」などの、子ども自身を否定してしまうような言葉かけは、絶対にやめましょう。

子供の心を傷つけてしまうからです。

たくさんの子供たちの面倒を見ていると、どうしても手のかからないこと比較しがちになってしまいますが、子供には個性があり、それぞれが違うように振る舞います。

他の子供と比較せずに、きちんと個性を認めて向き合いましょう。

失敗した後の追い打ち

「どうしてできないの!」や「だからダメだって言ったじゃない」など、子供が失敗した後に追い打ちの言葉をかけるのは、子供の劣等感を増幅させてしまう可能性が高いです。

子供の行動に対して、このような否定的な言葉掛けをすると、何かをする度に「ダメって言われるかも・・・」と消極的になってしまう原因になりかねません。

このような言葉かけをしないように、日頃から意識する必要があります。

言葉かけと一緒にすると効果が上がる方法とは?

ただ言葉掛けをするだけでなく、一緒に行うことで効果がアップすることについて紹介します!

音楽をつかう

保育士が「〇〇してね」と言葉をかけるよりも、「この音楽がかかったら〇〇してね」と、感覚で覚えてもらうほうが小さな子供たちには特に有効です。

慣れれば、言葉をかけなくとも、音楽が鳴っただけで自分から行動してくれるようになります。

加えて、〇〇の片付けが終わったら他の遊びを用意しておくなど、「この後に楽しいことが待ってる」と子供たちに思わせると、より楽しく行動できるようになるでしょう。

ゲーム感覚でやらせる

子供たちが行動するポイントの一つに、楽しいかどうかということが重要になります。

例えば、「女の子チームと男の子チームどっちが早くお片付けを終わらせられるかなー?」や「誰が最初に先生の所に来れるかな?」などの、子供たちの競争心をくすぐる要素を入れるとゲーム感覚で楽しく取り組めます。

ただし、喧嘩になってしまうといけないので、注意して行なってください。

まとめ

保育士はたくさんの子供たちの面倒を見なくてはならないので、とても大変ですよね。

言うことを聞いてくれない子供がいると、つい命令口調になってしまうこともあるでしょう。

しかし、それは子供たちにとっては逆効果になることも。

保育士の仕事は、子供たちが元気に、楽しく保育園生活を送れるようにサポートすることです。

上手な言葉かけで、子供の成長をサポートしてくださいね。

キャリアアップしたいなら転職!

保育ひろば

子供への言葉かけにも慣れて、さらにキャリアアップしたいという保育士の方もいますよね。

さらなる上の保育を目指すために、転職をしてキャリアアップしてみてはどうでしょうか。

保育士転職サイトの保育ひろばでは待遇のいい様々な求人を紹介しています。

コンサルタントに自分の希望を言うとしっかりと対応してくれます。

完全無料のサイトなのでまずは登録をお願いします!

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

私がお届けしました!

ふー
元保育士ライター
のほほんと書いてます。

関連する他の記事

目指せ内定!保育士の就職活動ではココに注意!
就職活動は今後の人生を大きく左右します。それは保育士を目指す人にとっても同様です。就活に向けて何を...
学童保育で働く保育士、保育園より働きやすい?
保育士が働ける場所は幼児を相手にする保育園だけではありません。実は、小学生を対象とした学童保育とい...
教えて保育士さん!新米ママの悩みを解決!
あともう少しで新学期がはじまってしまうこの時期。保育園や幼稚園に子供をいかせるにあたって悩みがつき...
辞めたいと思うのはまだ早い!保育園だけじゃない保育士の働き方紹介!
毎年約1割の人が保育士の仕事を辞めてしまいます。この離職率の高さの理由の多くは「人間関係」の問題で...
ページ上部に戻る