TOP > 年齢別の転職 > 年齢別に保育士の転職ポイント・オススメ転職サイトをご紹介!

年齢別に保育士の転職ポイント・オススメ転職サイトをご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
年齢別の保育士転職ポイント

保育士はどの年代でも転職が可能ですが、年代ごとに注意すべきポイントが違います。

転職するなら大事なポイントを押さえておきたいですよね。

ここでは、年齢別に特徴・ポイントを紹介し、年代ごとのオススメ転職サイトをご紹介します。

ぜひ転職に役立ててください!

20代の保育士の転職は売り手市場!

20代の保育士が転職する場合のポイントをご紹介します。端的に言えば、20代保育士は転職に有利です。

まず、転職活動では、基本的に若い人が求められます。

「長く勤めてほしいから、働ける期間が長い若い保育士の方がいい」「子供と遊べる体力がある若い保育士が欲しい」というように、ニーズが大きいのです。

なので、20代の保育士は自信を持って転職してみるのがいいでしょう。

さらには、20代であれば独身であったり、自分の子供はまだ産んでいなかったり、という場合が多く、そういった人材が保育園にとってはプラスになります。

保育園は勤務時間に融通がきく人が求められるので、子供がいる場合は正社員としてフルタイムで勤務することが難しくなります。

そのため、子供がいる保育士で正職員として働く人は少し敬遠されがちになっています。

しかし、20代であれば、まだ結婚していない人、結婚しても子どもがいない人が多いので、戦力として採用したいのです。

また、転職した先で正社員として働いていけば、今後結婚したり、子どもが産まれたりしても「育休を使ってそのままここで働き続けて欲しい」と声をかけられることもあります。

若い頃から知っている保育士であれば、信頼関係があり、仕事がどれだけできるかもわかっているので、長く勤めて欲しいと考える場合があるからです。

長く働き続けるためにも、若くして転職して転職先で重要な戦力となることが大事です。

30代の保育士の転職は経験をアピール!

では、30代保育士が転職する場合は、どのようなポイントがあるでしょうか。

まず、先ほども少し紹介しましたが、30代の保育士を採用する際、保育園にとってはその人が結婚しているかどうか、子供がいるかどうかが重要となってきます。

しかし、結婚して子供がいる場合も、不安に感じる必要はありません。

30代保育士は20代と違って保育経験が長いので、そこを魅力に感じて採用してくれるところが多いのです。

前の職場でしっかり経験を積んでいることをアピールできれば、決して転職は難しくないです。

30代保育士の転職について、より具体的な内容を説明しているので、以下の記事もぜひ参考にしてみてください!

2017.09.01
保育士はどの年代でも転職が可能ですが、年代ごとに注意すべきポイントが違います。転職するなら大事なポイントを押さえておきたいですよね。ここでは、年齢別に特徴・ポイントを紹介し、年代ごとのオススメ転職サイトをご紹介します。ぜひ転職に役立ててく...

40代の保育士の転職は保育と子育ての経験が重要!

「転職活動では若い人が求められる」と前述しましたが、40代の保育士でももちろんニーズがあります!

40代保育士にニーズがある一番の理由は、経験や年齢を重ねているからこそ出てくる「安心感」です。

40代であれば、保育士として長年働いてきた経験に加えて、母親として子育てをした経験もあるという人が多いと思います。

子供を実際に育てている人の意見は偉大で重みがあり、そういった人は安心できるので保護者から信頼を得ることができます。

保育園の運営者もそのような人材が重要だということをわかっていて、保育と子育て両方の経験者が欲しいと思っています。

さらには、40代の保育士には、経験を生かして主任や園長も視野に入れたうえで働いてほしいという声も高まっています。

そういった役職付きの仕事も、自分の働き方としてイメージしつつ転職活動をしていくと、理想の転職先を見つけられるでしょう。

40代保育士の転職について、より具体的な内容を説明しているので、以下の記事もぜひ参考にしてみてください!

2017.08.25
保育士はどの年代でも転職が可能ですが、年代ごとに注意すべきポイントが違います。転職するなら大事なポイントを押さえておきたいですよね。ここでは、年齢別に特徴・ポイントを紹介し、年代ごとのオススメ転職サイトをご紹介します。ぜひ転職に役立ててく...

50代の保育士の転職は時間に余裕があることをアピール!

50代保育士は、保育経験が十分にあるという他にも、子育てが終わって時間に余裕があるということもメリットになるので、そういったところをアピールしていくのがいいでしょう。

反対に、体力が落ちてきていることや一度保育士を退職していてブランクがあるということがデメリットになってしまいます。

デメリットをカバーするためには、先ほどのメリットをアピールして、園児や保護者とのコミュニケーションが円滑に行えるということを保育園側に感じさせるように、面接のときにはハキハキと明るい受け答えを心がけてください。

高望みせず、しかし妥協しすぎないようにして、経験を発揮できる職場に転職しましょう。

50代保育士の転職について、より具体的な内容を説明しているので、以下の記事もぜひ参考にしてみてください!

2018.06.06
保育士はどの年代でも転職が可能ですが、年代ごとに注意すべきポイントが違います。転職するなら大事なポイントを押さえておきたいですよね。ここでは、年齢別に特徴・ポイントを紹介し、年代ごとのオススメ転職サイトをご紹介します。ぜひ転職に役立ててく...

年齢ごとのポイント・オススメの保育士転職サイトをご紹介!

最後に、保育士が転職する際の年齢ごとのポイントを簡単にまとめました。

  • 20代は長く勤められることを求められる
  • 30代は経験が十分にあることが大切
  • 40代は「安心感」をアピールすべし
  • 50代は体力不足を豊富な経験とコミュニケーションでカバー

オススメの転職サイトを年代別にご紹介!

20代・30代の保育士にオススメの転職サイト「保育ひろば」

保育ひろば

20代・30代にオススメする転職サイトは保育ひろばです!

業界トップクラスの求人数とコンサルタントによる丁寧な転職サポートが魅力で、さらには利用者満足度も94.2%と非常に高い保育士転職サイトです。

初めて転職する若い世代でも失敗せずに転職できます。

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

40代・50代の保育士にオススメの転職サイト「ほいく畑」

ほいく畑

40代・50代にオススメする転職サイトはほいく畑です!

この転職サイトはブランクがある人でもOKの求人がたくさん掲載してあり、子育てが終わったママさん保育士でも復職がスムーズにできます。

⇨【ほいく畑の詳細はこちら】

私がお届けしました!

ごさん
ライター
のんびりカメさんライター

関連する他の記事

【保育要録マニュアル】内容・書き方のポイントを解説
保育士の仕事は子供の保育だけでなく、書類作成や保護者対応など多岐にわたります。その中の重要な仕事の1...
公立・私立認可保育園のメリット・デメリットを徹底解説!
認可保育園とは、施設の広さや保育士などの職員の数など国が定めた認可基準をすべてクリアし都道府県知事...
子供にもっと好かれて人気保育士になりたい!解決方法7選
どうしてあの保育士は子供に人気なのだろうと疑問に思ったことはありませんか?また、子供にもっと好かれ...
保育士バンクでお祝い金はもらえる?お祝い金のある転職サイトを紹介
保育士バンクは好待遇の非公開求人を紹介している保育士転職サイトです。転職サイトに登録するなら、お祝...
ページ上部に戻る