TOP > 保育士あれこれ話 > 保育士を辞める時にバックレは絶対ダメ!おすすめの退職方法とは?

保育士を辞める時にバックレは絶対ダメ!おすすめの退職方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは保育士という職業にどのようなイメージを持っていますか?「小さな子供達とお話したり、遊んだりできて楽しそうだな」「子供と一緒にいれるし癒されそう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

保育士の仕事は体力を使うことも多く忙しいです。保護者の対応にも神経を使います。

女性が多い職場のため人間関係が難しい職場も多いです。このようなことから保育士を辞めたいと思う方も多いですね。

どんなに辞めたいと思っていても、バックレはダメです。ここでは保育士を辞めたい方に向けておすすめの退職方法をご紹介します。

保育士を辞めたいならバックレはダメ!

「今の職場環境が嫌ですぐに辞めたい」「保護者とのコミュニケーションが上手くいっていないし、明日にでも辞めたい」と思っている方、いますよね?今すぐ辞めたいと思っていてもバックレは厳禁です。

バックレとは2週間無断で欠勤することで懲戒解雇になることです。バックレてしまうと様々なリスクを背負う可能性もあります。

バックレることで転職が不利になることも。転職の面接では前職を退職した理由について質問されることも多いです。バックレてしまったことが分かると高確率で不採用になってしまいます。

また、本来であれば退職時に離職票を出してもらえますが、バックレてしまうと離職票を受け取るまでに時間がかかります。次の職場が決まるまでの間、雇用保険等の手当てを受けることができません。

辞めたいという気持ちがあったとしても絶対にバックレはしないようにしましょう!しっかりと段取りをして退職することをおすすめします。

保育士を辞めたい方におすすめの退職方法

保育士を辞めたいと思う方におすすめの退職方法は主に2つになります。一つ目は堂々と退職するということ、二つ目は退職代行サービスを利用するということです。

今すぐに辞めたいと思っている方でもバックレだけはやめましょう。それではおすすめの退職方法2つについて解説していきます。

堂々と退職する

一つ目は堂々と退職するということです。退職時には理由を聞かれる職場がほとんどですよね。

職場が嫌なので辞めますと言えれば良いですが、ほとんどの方が本当の退職理由を伝えたくないと思っているのではないでしょうか。もちろん本音を伝えることができる方は本音を伝えてください。

退職理由に迷った場合は家庭の事情や家業を継ぐという理由がおすすめです。職場側も家庭の事情と聞けば深入りはできません。

家業を継ぐと伝えることでそれならしょうがないと思う方がほとんどです。無理に退職を止められる可能性も少ないでしょう。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスを利用するのも一つです。退職代行サービスは労働者が会社を退職したい場合に労働者の代わりに退職の処理を行うサービスになります。

退職したいと伝えた際に引き止められる可能性が高い時職場に行くことも辛いという方は退職代行サービスがおすすめです。

費用は掛かりますが、即日対応している会社もあるため、お金を払っても良いから今すぐ退職したいという方にも良いサービスですね。

中には違法な退職代行サービス会社もあるため、利用する際はしっかりと調べて優良業者に依頼しましょう。

バックレてしまった時の対応

もしもバックレてしまった時は職場に即連絡することをおすすめします。バックレてもすぐに連絡すれば許してもらえる可能性もありますよね。

「すぐに連絡することもできないしどうしよう」と思っている方もきっといるのでは?その場合はすぐに次の職場を見つけましょう。

バックレたしまったとしても転職することで環境を変えることができます。職場環境が変わることで仕事にやりがいを持てるようになることもありますよね。

これまでの職場のことは忘れて新しいスタートを切るということも良いです。

2020.08.17
皆さんは保育士という職業にどのようなイメージを持っていますか?「小さな子供達とお話したり、遊んだりできて楽しそうだな」「子供と一緒にいれるし癒されそう」と思っている方も多いのではないでしょうか。 保育士の仕事は体力を使うことも多く忙しいで...

保育士を辞めたいなら正式に退職しましょう

保育士はとてもやりがいのある職業です。子供の笑顔や成長を近くで見届けることができる数少ない職業の一つでもあります。

職場の環境が自分に合わないなと感じたらバックレないで職場に相談するということも一つです。それでも難しいなと感じたら転職して環境を変えましょう。

いずれにしても退職する時にバックレることで大きなリスクを背負う可能性が非常に高いです。退職する場合はしっかりと職場に伝えることが大切になります。

今すぐ辞めたい、職場に行くのも辛いという方は退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。あなたのためにもバックレてしまうことだけは避けましょう!

退職して新しい職場を探すなら「保育ひろば」

保育ひろば

きちんと今の職場を退職したら、次は新しい職場探しですね!1番良い方法は、やはり保育士専用の転職サイトを利用することです。

特におすすめなのは、プロのコンサルタントがサポートしてくれる「保育ひろば」。

全国4万件の求人の中から、あなたにぴったりの保育園を一緒に探してくれます。

完全無料で利用できますので、ぜひ登録だけでもしてみませんか?

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

私がお届けしました!

ゆうか
新人ライター
誰でも見やすい記事を目指しています!

関連する他の記事

ハローワークの保育士転職は失敗する?その理由とは
仕事を探すときの方法として最も有名なものがハローワークです。過去に利用したことのある人も多いのでは...
「また落ちた…」不採用続きの保育士が転職活動を成功させるための秘訣とは?
「また採用試験に落ちた…」全然うまくいかない転職活動にお悩みの保育士さん、少なくないのではないでしょ...
【乳幼児保育】乳児保育・幼児保育で保育士が必要なことをご紹介!
乳幼児保育で保育士が求められていることとはなんでしょうか。特に、幼児保育ばかりに関わっている人は、...
親から離れない子供に困る!保育士に解決方法はあるの?
保育士さんにはたくさん悩みがあるかと思いますが、毎朝保育園へ送ってくれる親御さんと離れたくなくてギ...
ページ上部に戻る