TOP > 非常勤・パート > 保育補助なら無資格でも保育士になれる!保育補助の仕事・待遇・メリット

保育補助なら無資格でも保育士になれる!保育補助の仕事・待遇・メリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
無資格でもなれる保育補助

保育園で働いている職員は必ずしも保育士資格を持っていません。

保育園に勤務している人の中には保育士のほかに資格を持たない「保育補助」と呼ばれる人が存在します。

保育補助とはいったいどのような仕事なのでしょうか。

このページでは無資格でも保育園で働きたいと人に向けて保育補助の仕事内容や待遇、働くメリットをご紹介します。

無資格でもなれる「保育補助」とは

保育補助とは

保育補助とは、保育園などで働いている正規の保育士の補助をする仕事を指します。保護者や子供からみても違いほとんどないといえるでしょう。

あなたの身近にある保育園でも何人かは保育補助として働いているはずです。

保育補助が必要な理由とは

なぜ保育補助という仕事が必要なのかというと、保育業界は人手が不足しているからです。保育園には最低限必要な保育士の人数が決まっています。しかし、実際にはその最低人数だけで業務を行うのは非常に困難なため、保育補助として職員を増やしているのです。

つまり、保育園の「職員数」と「保育士数」は異なるので覚えておきましょう。

保育補助と保育士の違い

保育補助と保育士の大きな違いは資格の有無です。保育士として働くためには国家資格が必要ですが、保育補助は無資格でも働くことができます。

ただし、「資格を持っている人が保育士」で「無資格の人が保育補助」という考え方は間違いです。保育補助とはあくまで保育士のサポートをする人のことで、保育士資格を持っていても保育補助として働くことができます。ややこしいので注意してください。

また、保育補助は保育士よりも待遇の面で劣る場合が多いです。保育補助の待遇についてはこのあとご説明します。

保育補助の仕事内容とは

資格がいらない保育補助はどのような仕事を行っているのでしょうか。

保育士の全面サポート

保育補助とは言っても仕事内容は保育士とほぼ同じです。遊び道具や食事の準備・片付けなど子どもたちのお世話をすることがメインの仕事になります。

ただし、正規の保育士では手が回らない業務をすることになるので、子どもと接する機会は保育士よりも少ないかもしれません。

保育園によって仕事内容は異なる

保育補助の仕事内容は明確に決められているわけではないので、保育園によって仕事内容は異なります。子供と触れ合う機会が多い保育園、雑用ばかりやらされる保育園、のように差が大きいので、就業前に詳しい仕事内容は確認しておきましょう。

2017.09.15
保育園で働いている職員は必ずしも保育士資格を持っていません。保育園に勤務している人の中には保育士のほかに資格を持たない「保育補助」と呼ばれる人が存在します。保育補助とはいったいどのような仕事なのでしょうか。このページでは無資格でも保育園で...

保育補助の給料・待遇とは

保育補助の給料

保育補助はアルバイトやパートとして働いている人がほとんどです。そのため給料が安定しておらず、正規保育士の月給と比較すると約2万円のマイナスです。

ただし、時給でみると1000円以上の保育園が多く、学生や主婦にとっては高給与のアルバイト・パートと言えるでしょう。

保育補助の手当

手当は基本的に正社員のためにある制度です。保育補助にも手当がつくかどうかは保育園によります。

保育補助にボーナスがある保育園はほとんどありませんが、通勤手当はほとんどの保育園で支給されるので安心してください。

ちなみに先ほど保育士資格を持っていても保育補助として働けるとご紹介しましたが、資格を持っている保育補助の場合、給料がアップすることがあります。資格手当として時給が少し上がる場合があるので、資格を持っている人は確認してみてください。

また、人材不足が進んでいる保育業界では人材確保のために保育補助に対して手当を充実させている傾向があります。今後新たに手当が用意されることが予想できますね。

無資格で保育補助として働くメリット

正規保育士ではなく保育補助として働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

シフト・休みの融通が利く

保育士業界では労働時間の増加や休みが取れないことが問題になっていますが、保育補助は正社員ではないので、比較的融通が利きます。

「週に3日だけ」「毎日午後から」といったようなご自身のライフスタイルに合わせて働くことができます。

育児・家事と両立しながら仕事をしたい人にはありがたいですね。

しかし、人手が足りていない保育園ではあまり融通が利かないこともあるので気を付けてください。

保育士を目指しながら保育経験を積める

将来的に保育士を目指しているならば、保育補助として現場で実践経験を積みながら資格を取得するのが効果的です。

どこの保育園も即戦力を求めていますし、保育経験の有無は採用側から見ても大きなポイントです。

働いている保育園が気に入ったなら、そのまま正社員に登用してもらうこともいいと思いますよ。

年齢関係なく働ける

保育士の補助として働くことに対して年齢は問いません。

大学・専門学校で保育を学んでいる学生が働いているケースも結構多いです。学生のバイトとしてみると時給は高めなので、学生にもオススメです。

また、資格が要らないので、子育てが落ち着いた主婦のパートとしての人気が非常に高いです。職場にママ友ができるかもしれませんね。

関連する他の記事

「看護師」と「保育士」なるならどっち?メリット・デメリットを解説!
「看護師」と「保育士」は似ているようで大きく違う職業です。どちらも女性に人気の職業であるというとこ...
合格できない!保育士試験の合格率が低いって本当?
保育士は国家資格であるため、取得するためには国家試験を受けなければなりません。保育士試験は国家試験...
保育士バイトってあり?メリット・デメリットを解説!
実は保育士はバイトとして働くことができるのを知っていますか。給料や労働環境などに対してイメージが良...
無資格・未経験でも大丈夫!保育士のすすめ
保育士という職業は無資格・未経験でも働くことができます。人手不足に陥っている保育業界では資格を持た...
ページ上部に戻る