TOP > 保育士から異業種へ > 保育士一般企業への転職を成功させるための方法とは?

保育士一般企業への転職を成功させるための方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般企業で働く女性

子どもの預かり保育を行うという特殊な業務の保育士は他業界への転職が難しい傾向があります。

しかし、保育士の中には一般企業への転職を成功させた人が多く存在することを知っていますか。

ここでは保育士を辞めて一般企業に転職するためにはどうすればよいのか、一般企業で働くことのメリット・デメリットについてご紹介します。

保育士が転職しやすい一般企業の仕事

一般企業と言っても業種や職種は様々で、無数に選択肢がありますよね。

その中でも保育士が転職しやすい一般企業の仕事をいくつかご紹介します。

事務

保育士が異業界へ転職する際に最も人気なのが「事務」です。

事務職の仕事内容は企業によって様々ですが、主に書類・資料の作成、伝票・領収証の整理、来客・電話対応などを行うことが多いです。

体力的負担が少ないこと、特筆したスキルが必要ないこと、女性が多いことなどから非常に人気の高い職種となっています。

ただし、会社によっては「事務は雑務担当」という認識で働かされている場合もあり、事務といってもいろいろな種類があるので仕事内容に関しては求人、または直接確認することをおすすめします。

販売系・接客・受付

一般企業が経営する店舗などで働く接客業でも働きやすいです。

保育士は人を相手にする仕事なので接客業と通ずる部分が大きく、即戦力として働き始められるでしょう。

販売系以外にも受付などの選択もできるので、自分が働きやすい職場を見つけやすいです。

営業

子どもだけでなく保護者ともいい関係を築かなければならない保育士は、「対人スキル」が高いです。

対人スキルが高い人は営業に向いているので、企業の営業として働くことも十分可能です。

ただし、会社によって業界知識を身に着けなければならないという難しさもあるので、ある程度の知識がある業界、もしくは学びやすそうな業界の企業を選択しましょう。

2017.08.18
子どもの預かり保育を行うという特殊な業務の保育士は他業界への転職が難しい傾向があります。しかし、保育士の中には一般企業への転職を成功させた人が多く存在することを知っていますか。ここでは保育士を辞めて一般企業に転職するためにはどうすればよい...

保育士を辞めて一般企業に転職するメリット

保育士を辞めて一般企業に転職すると以下のようなメリットがあります。

  • 年収がアップする
  • 働き方の選択肢が広がる
  • 新たな適性が見つかる可能性あり

これらのメリットについて説明していきます。

年収がアップする

保育士は他業界・多職種と比較して年収が低い職業です。一般企業に転職すれば高い確率で年収がアップするでしょう。

IT系や営業などは年収が高いので年収アップを狙うのであれば狙ってみましょう。

ちなみに販売系企業の年収は保育業界と大差ないことが多いです。

働き方の選択肢が広がる

保育業界しか知らなかった人が異業種で働き始めることで新しい世界が見えてきます。

今後さらにやりたいことがみつかるかもしれませんし、やっぱり保育士が良いと思うかもしれません。

働き方の選択肢が広がることは今後の人生を豊かにしてくれますよ。

新たな適性が見つかる可能性あり

私には保育士が最も向いていると感じていても、他にもっと適正のある仕事があるかもしれませんよね。

一般企業で働くことで自分の新しい適性が見つかる可能性があります。

自分の適性が見つかると、将来的なキャリアプランを考えやすくなり、仕事の選択肢も広がっていきます。

保育士を辞めて一般企業に転職するデメリット

保育士を辞めて一般企業に転職すると以下のようなデメリットがあります。

  • やりがいを感じにくい
  • 保育士経験を活かしにくい
  • 初めての業務が多い

それぞれご説明いたします。

やりがいを感じにくい

一般企業での仕事は保育士業務と比べるとやりがいを感じにくいかもしれません。

子どもと触れ合って、子どもの成長を感じ、子どもの笑顔が見られるという保育士のやりがいがなくなるため、仕事を続けるモチベーションがなくなってしまう危険性があります。

事務職の場合は特に単調な仕事が多いのでやりがいを感じにくいです。新しい仕事でもやりがいを見つけられるようにしなければなりません。

保育士経験を活かしにくい

保育士は特殊な職業であるため、他の業界や職種で経験を活かしにくいというデメリットがあります。

一般企業での仕事に通ずる部分は少ないためアピールできることが少なく、採用されることが難しいかもしれません。

資格を取得するなどなにかアピールできる武器を身につけると採用では有利に働きますよ。

保育士が一般企業の仕事を選ぶポイント

先程もお伝えしましたが一般企業の仕事は多岐にわたり、その中から自分にあった仕事を見つけなければなりません。

保育士が自分にあった仕事を見つけるためのポイントをご紹介します。

経験を活かせる仕事

特殊な仕事であるため経験を活かすのは難しいと説明しましたが、保育業務を活かせる仕事もあります。

例えば保育士の仕事には事務作業が含まれているため、事務職で活かすことができます。

他にも子どもを相手にする接客業や主婦向けの営業で経験を活かして働くことができるでしょう。

多少なりとも経験を活かすことができる仕事を選ぶのがオススメです。

転職サイトを使う

絶対に使ってもらいたいのが転職サイトです。異業界を目指す場合にはサイトが必要不可欠です。

サイト内で自分にあっていると思う仕事を探してみてください。

膨大な量の求人があるので自分にぴったりの仕事が見つかるはずです。

保育士でも一般企業へ転職できる!

簡単ではないですが一般企業へ転職できないということはありません。

一般企業で新しい人生をスタートさせましょう。

もちろん保育士として学んだことも忘れないで下さいね。

保育士⇨一般企業への転職はdoda

dodaは日本最大級の転職サイトです。さまざまな職種に対応しているので、理想の仕事が必ず見つかりますよ。

無料なので安心して利用してみてください!

dodaの公式ページへ

関連する他の記事

年齢別に保育士の転職ポイント・オススメ転職サイトをご紹介!
保育士はどの年代でも転職が可能ですが、年代ごとに注意すべきポイントが違います。転職するなら大事なポ...
保育士バンクでお祝い金はもらえる?お祝い金のある転職サイトを紹介
保育士バンクは好待遇の非公開求人を紹介している保育士転職サイトです。転職サイトに登録するなら、お祝...
トラブル回避!保育士の円満退職の3つのコツ
転職するならば、現在働いている施設から退職しなければなりません。それまでお世話になっていたわけです...
2019年10月から始まる保育料無償化、保育士にはどんな影響があるの?
保育料(幼児教育)を無償化にするという制度が2019年10月から始められることがつい先日、発表されました...
ページ上部に戻る