TOP > 転職コラム > 保育士が後悔のない転職をするためには?ポイントを徹底解説!

保育士が後悔のない転職をするためには?ポイントを徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
転職を後悔している保育士

仕事を変えるというのは非常に大きな決断です。人生の転機にもなりうることなので絶対に後悔したくないですよね。

しかし、保育士の中には少なからず転職を悔やんでしまう人が存在します。そのようなことを聞くとなかなか踏み切れなくなってしまうかもしれませんが、その心配は無用です。

ここでは保育士の転職に後悔しないための方法をご紹介します。

転職後に後悔してしまう保育士がいるのはなぜ?

自分の思うような結果にならなかったと後悔してしまう保育士は結構います。

後悔の残る転職になる原因は主に次の通りです。

  • 不十分な情報収集
  • 転職の目的が曖昧
  • 保育士としての意識の低さ
  • ネガティブ思考

詳しく見ていきましょう。

不十分な情報収集

転職において大切なことは事前の準備です。転職活動はスピードが命ですので、事前にどれだけ準備しておくかが大事になります。

中でも特に重要なのはたくさんの情報を集めることです。

求人情報に掲載されている基本情報や口コミなどをしっかりと確認しないまま転職してしまうと、イメージとのミスマッチが起こってしまうのです。

転職の目的が曖昧

最終的なゴールを明確にせずに転職してしまうと結果に満足しにくくなってしまいます。

何のために職場を変えるのか、何を達成できれば成功と言えるのかを明確にしておきましょう。

何事も意味なく行動しても良い結果は得られません。

現在の職場に対する不満を募らせるばかりだと、「早くこの職場を辞めたい」という気持ちが強くなってしまい、その焦りから転職の準備や情報収集が不十分なまま転職することにもつながるのです。

明確なゴールを設定してそこに向かって何ができるかが大事です。

後悔のない転職にするためにしっかりと準備して臨みましょう。

保育士としての意識の低さ

保育士の仕事は、どこの園も基本的に同じですので、そもそも保育士という職業に対して意識が低すぎると職場を変えようがうまくいきません。

保育士の仕事に対する熱量が低いままでは、どこに転職しても「自分には合わない」と思ってしまい、転職活動が長期化する原因となります。

自分が保育士という職業に対してどう考えているのか、今後もやる気を持って働こうという意思があるのかどうかを考えることが重要です。

ネガティブ思考

転職後に後悔してしまう人のほとんどはネガティブ思考です。ネガティブに考えすぎて現状に満足できない人が多いです。たとえば、「〇〇さんは変わった人だから苦手」。もしくは「自分が〇〇だからこんなこともできないんだ」といったように、相手や自分のことを必要以上にマイナスに捉えていませんか?

相手や自分をある一面だけで決めつけ悲観的に見るのではなく、前向きに考えていくことが何よりも大事です。

周囲の影響を受けやすい子どもに接する仕事ですから、何事もネガティブに考えるのはやめたほうが良いでしょう。

採用に関してもポジティブな人のほうが採用される確率が高いですよ。

保育士が転職で後悔しないためのポイント5選!

後悔の原因を探ったところで、次にご紹介するのは転職後に保育士が後悔しないためにおさえておくべきポイントです。

主なポイントとして以下の5点が挙げられます。

  1. 転職サイトを利用する
  2. 情報収集を徹底する
  3. 転職の目的を明確にする
  4. 転職したい施設の教育方針を確認する
  5. 転職後の生活をイメージする

それぞれ詳しく説明していきますので、「絶対後悔したくない!」という人はぜひ御覧ください。

転職サイトを利用する

保育士が転職先を探す方法はたくさんありますが、その中でも特におすすめなのは転職サイトを利用することです。

現在は保育士専用の転職サイトが多くあり、転職に成功した保育士のほとんどは転職サイトを利用していると言われています。

転職サイトの特徴として、利用者一人ひとりにプロの転職コンサルタントがついて転職活動を幅広くサポートしてくれるという点が挙げられます。

自分一人で転職先を探したり履歴書や面接の準備をしたりということは簡単ではありません。

それらを転職に精通した人のサポートを受けてできるというのは非常に心強いですよね。

また、サイト限定で高待遇の非公開求人も豊富ですので、ぜひ転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。


「そんなこと言われても、どの転職サイトを使ったらいいか分からない…」という方のために、おすすめの転職サイトをランキング形式で紹介していますので是非参考にしてみてくださいね!

⇨【保育士転職サイトランキング最新版】


情報収集を徹底する

出来るだけ多く情報を集めましょう。「自己分析の結果と転職の目的」と照らし合わせて自分に最も適した職場を見つけ出します。

情報収集の手段としては以下のものが挙げられます。

  • 保育士専門の転職サイト
  • ホームページ
  • 市町村の地域新聞
  • 保育士向けの就活イベント
  • ハローワーク
  • 施設訪問

また、「イメージだけで判断しない」ということも重要です。「なんとなく良さそう」「残業少なそう」など、なんとなくのイメージだけで判断してしまうことはやめましょう。特に求人の内容だけで判断してしまうことは危険です。

求人に掲載されている内容と現場には多少ズレが有ることがあります。担当者に問い合わせるか施設見学をするなどして自分できちんと確かめておくと安心です。

保育士の採用に不利に働くのではと心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。後悔するよりもよっぽどマシです。聞きたいことは深く考えず全部聞いてしまいましょう。

転職の目的を明確にする

自分がどのような保育士で、何を目的として仕事をしているのかということを完璧に分かっているという人は意外と少ないものです。そのためにまずは自己分析を行いましょう。

自分はどんな人間なのか、自分の長所・短所はどこか、保育士としてどのように働いていきたいのかなど自分のことを徹底的に掘り下げましょう。

そして自己分析でわかった今後のキャリアプランをもとに転職の目的を明確化しましょう。

「どうして今の職場ではダメなのか」をはっきりさせ、「どんな職場なら自分に合っているのか」を理解したら、細かい希望条件を設定し、優先順位までつけておくことでスムーズに転職活動が進みます。

転職したい施設の教育方針を確認する

一口に保育園とはいっても、施設によってさまざまな理念や教育方針をもとに保育をおこなっています。

施設の規模も非常に大きいところもあれば少人数での教育を重視しているところもありますし、外国語やスポーツ、自然とのかかわり、宗教など、教育の軸とするものも大きく異なります。

これらをしっかり確認せずに転職をしてしまうと、「自分のイメージとは違った」「こんな教育はしたくない」と後悔してしまう可能性が高いのです。

それを防ぐためにも、自分で施設に足を運んで普段の様子を確認し、「ここで働きたい」と思えたところを転職先として選びましょう。

転職後の生活をイメージをする

実際に転職した後の、自分の生活や職場のイメージをすることも重要です。

たとえば以上の項目のことを想像してみましょう。

  • 通勤方法
  • 職場の雰囲気
  • 帰宅後の過ごし方
  • 休日の過ごし方

転職後の自分をイメージすることで、その職場が本当に自分に合っているのかが分かり、ミスマッチを防ぐことができます。

2017.08.04
仕事を変えるというのは非常に大きな決断です。人生の転機にもなりうることなので絶対に後悔したくないですよね。しかし、保育士の中には少なからず転職を悔やんでしまう人が存在します。そのようなことを聞くとなかなか踏み切れなくなってしまうかもしれま...

「保育ひろば」で後悔のない転職を!

保育ひろば

「保育ひろば」は、多くの保育士から支持を得ている人気の保育士専用転職サイトです。

こちらのサイトでは、保育士の転職に精通したコンサルタントによるきめ細やかなサポートを受けることができ、納得のいく転職をすることができます。

完全無料で利用できますので、まずは登録してみてはいかがでしょうか?

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

私がお届けしました!

さり
新人ライター
清く正しく美しい記事を目指しています!

関連する他の記事

保育士に年齢制限はある?気になる定年事情を徹底解説!
「保育園落ちた」で有名な保育界。とってもとっても人手不足で、保育園に落ちる家庭もでてきている現状!...
求人が豊富な大都市!保育士が大阪で転職する際のポイントを解説
大阪は関西地区最大の都市です。住みやすいだけでなく観光地としても人気の魅力的な場所ですよね。そんな...
【乳幼児保育】乳児保育・幼児保育で保育士が必要なことをご紹介!
乳幼児保育で保育士が求められていることとはなんでしょうか。特に、幼児保育ばかりに関わっている人は、...
脱ブラック保育園!特徴と見極め方をご紹介
保育士はブラックだとよく聞く方も多いのではないでしょうか。流行語にも選ばれたブラックという言葉、今...
ページ上部に戻る