TOP > 施設別の転職 > 保育園で働く看護師に注目!病院よりも保育園は働きやすい?

保育園で働く看護師に注目!病院よりも保育園は働きやすい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供を見ている看護師

保育園には看護師がいるということをご存知でしょうか。

保育園で働く看護師にはどんな役割や仕事があるのか、病院よりも保育園で働くことにはどんなメリットがあるのかに注目してご紹介していきます。

保育園の看護師はどんな仕事をするの?

保育園で働く看護師はどんな仕事をするのでしょうか。具体的な仕事内容についてご紹介していきましょう。

子どもたちの健康を管理する

保育の途中でケガをしてしまった子供たちの応急手当てをしたり、体調をこわしてしまった子供たちの処置をしたりすることが基本的な仕事内容になります。

また、感染症が蔓延しない環境を作るような指導や対策をするのも仕事と考えていいでしょう。基本的には本格的な医療行為はすることはなく、軽い処置までが仕事となります。

保育士の仕事のサポート

保育園で働く看護師は、看護の仕事よりも保育の仕事が多くなります、理由としては一名の保育士としてカウントされるからです。

そのため、保育士と一緒に子ども達と園庭で走り回ることもありますし、添い寝をしたり掃除や洗濯をすることもあります。

保護者への連絡担当

保育園で働く看護師は保護者へ子供達の健康状態を連絡したり、月に一度くらいの頻度で健康だよりのような手紙を出し、健康管理指導をします。

子供達の健康情報の提供やアドバイスをして、子供達の健康を徹底的にサポートするのです。

保育園で看護師として働くメリットは何がある?

保育園で働くと、一般的な病院での勤務とはかなり異なります。

夜勤がなく、週末勤務が少ない

一般的な病院で看護師として働くと必ず付いてくるのが夜の勤務、看護師が嫌がるポイントですよね。

しかし、保育園で働くと当然日中の勤務になるので、生活リズムも安定し、健康的な生活を送ることができるでしょう。

さらに、病院での勤務だと基本的に病院は週末に混むので、週末に休みをもらうことは難しくなりますが、保育園の場合は働く保護者の子供を預かることが多いので週末は休みやすくなります。

保育園の勤務は病院と比べてかなり楽になりますね。

子育て経験を活かすことができる

保育の仕事がメインなので、子育て経験をふんだんに活かすことができます。

保育士の仕事は専門性がありますが、子育て経験があれば全くの初心者からのスタートではなくなるので、転職を考えているのであればハードルは低くなるのではないでしょうか。

健康な子供達が相手になる

病院で働いていたら大抵は病気を持った辛い思いをしている子供達が相手となりますよね。

保育園で働きたいと思うほど子供が好きな方だったら特に、辛い思いをしている子供を見ると胸が痛くなるのではないでしょうか。

しかし、保育園で相手をする子供達はほとんどが健康で、走り回ることができる子供達です。一緒に遊んで楽しむことができるので、子供好きな方にはかなり向いている仕事です。

2017.07.11
保育園には看護師がいるということをご存知でしょうか。保育園で働く看護師にはどんな役割や仕事があるのか、病院よりも保育園で働くことにはどんなメリットがあるのかに注目してご紹介していきます。

保育園で看護師として働くデメリットは?

しかし、保育園で看護師として働くことにも、当然ながらデメリットがあります。デメリットのいくつかをご紹介しましょう。

給与が低い

2017年の一般的な病院勤務の看護師の月給は約33万円、しかし保育士の平均月給は約23万円でした。

双方の給与を比べてしまうと病院勤務の方がボーナスも多いので待遇は良いと感じるでしょう。

しかし、基本的に保育園で看護師を雇うのは1名のみなので、給与が上乗せされることもかなり多いです。さらに、家賃補助がある、夜勤もなく働きやすくなるという点も考えると一概に待遇が悪いとは思えないでしょう。

看護師としてのキャリアアップができない

保育園で働いている以上、ほとんどが保育の仕事になってしまうので看護師としてのキャリアを築くことは難しいでしょう。

唯一の看護としての仕事も軽い処置で終わることがほとんどだからです。保育園で働くのはワークライフバランスを大切にしていきたい、子供とたくさん触れ合いたいという方におすすめの職場となるかもしれません。

必要な資格には何がある?

保育園で働きたい看護師に必要な資格には何があるのでしょうか。

保育士資格はいらない

保育士はとても忙しく、前述しましたが保育の仕事をたくさん任されることがあります。

そのため、保育士の資格は特に必要ありませんが様々な場面で役立つことはあるかと思います。

子供からしたら同じ保育士の先生と見られるということを忘れなければ、問題は特にないでしょう。

小児科経験は有利になる

小児科で働いたことがある、子育てをしたことがある等子供とたくさん関わったことがある看護師の方は即戦力として見られやすく、採用に結びつきやすくなります。

さらには、子供に関連する資格であるベビーシッター等の資格も有利になるそうです。

保育園の看護師要員は1人だけであることが多いので自分だけで様々な判断をしなくてはいけません。的確な判断をするためには小児科等の経験が活かされてくるでしょう。

保育園の看護師を狙うなら転職サイトへ

保育園の看護師の求人を探すときは保育士転職サイトを使うと大変便利です。

保育園の看護師枠は一つの園につきだいたい1人というかなりの高倍率になっていますが、転職サイトを使えば求人の数が大変多いため見つけやすくなっています。

転職サイトは保育ひろばがおすすめ

保育ひろば

求人探しは特に保育ひろばがおすすめです。

相談にもたくさん乗ってもらえますし、自分に合った職場を紹介してくれるので安心して保育園の看護師求人を見つけることができます

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

関連する他の記事

富山県の保育士求人の傾向とおすすめ転職サイトを紹介!
富山県は保育所数・保育士数ともに少ない地域ではありますが、子育て支援が盛んです。富山県は「とみいく...
転職で役立つ!働きやすい保育園の特徴と見極める方法とは?
保育士が転職を考えた場合、給料や福利厚生はもちろん大事ですが、働きやすさも重視されている項目です。...
【保育士必見】子供をやる気にさせる言葉かけとは?
保育士にとって、日々の子供たちへの「言葉かけ」はとても重要ですね。子供はすごく感受性が豊かです。そ...
パワハラする園長は8割!?保育士のパワハラ地獄から抜け出す方法は?
保育士が園長にパワハラをして退職に追い込むということは、実際にかなりの事例があります。特に、保育士...
ページ上部に戻る