TOP > 履歴書・面接のコツ > 【例文つき】履歴書・面接で使える!保育士転職の志望動機の作り方

【例文つき】履歴書・面接で使える!保育士転職の志望動機の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育士転職の志望動機

転職の準備をしている保育士は「転職したい保育園があるのに、志望理由が思いつかない...」「前の職場は人間関係ですぐ辞めてしまったことを面接官に正直に伝えるべきか」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

採用担当者はたくさんの応募者をひとり一人ゆっくり見る時間がないので、履歴書や面接で準備した志望動機をもとにあなたの人柄や保育園との相性を判断しています。実は転職を失敗する保育士は志望動機が抽象的になりがちなのです。心の中では入りたいと思っているにもかかわらず、志望動機が上手く作れなくて失敗するのはもったいないですね。そのため、しっかりとコツをつかんで、受けのいい志望動機を準備しておきましょう。

これから志望動機を作成する際のポイントを例文つきでご紹介します。

履歴書や面接で使える志望動機作成のポイント

履歴書・面接で使える志望動機を作るためのポイントについてお話ししますが、まずはスキル、キャリア関係なく全ての保育士に当てはまる志望動機のポイントをご紹介します。

子ども好きは必ずアピール

まず志望動機から「子ども好きである」ことが分かる内容にしましょう。保育とは子どもと接する作業が一番多いので、子どもが好きでなければ、やりがいを感じることが難しいでしょう。

保育園側も基本子どもが好きそうな保育士さんしか採用しませんので、その点はしっかりアピールしましょう。

そのまま「私は子どもが好きで・・・」とするのではなく、子どもを好きになった根拠や子どもに関するエピソードなどがあるとさらに効果的です。

応募する保育園について調べよう

「子どもが好きです」で終わってしまうとあなたの人柄や保育園との相性がまだ見えてきません。そのため、次はあなた自身が保育についてどう考えているかを盛り込まなければなりません。

しかし、「応募する保育園の考え方」と「自分の保育に対する考え方」がかけ離れていてはいけません。そこが一致していないと「ちゃんと職場に馴染んで長く働けるか」「働いてもトラブルが発生するのではないか」と不安に思ってしまいます。

そのため、応募先の保育園の特徴や経営理念をホームページなどで調べてから、志望動機を書いた方が採用側にとって求める人材に近い志望動機を作ることができます。

自分の頑張りを売り込もう

過去に何か頑張った経験があればそのエピソードをさり気なく盛り込んでおくと効果的です。

ただし、1つの注意点として、自分の良い側面ばかりを書くのはあまり良くありません。

保育士として頑張っている皆さんは、前の職場にいた時や資格を取得する際に、いろいろ失敗や挫折を経験したことがあるはずです。その困難をどう工夫して乗り越えようとしたのか、失敗の経験を活かしてどう思ったのかなどを付け加えることで、深堀りした志望理由にしましょう。

体力面の不安を感じさせない内容にしよう

20代であれば特に問題ありませんが、30代以上の保育士の場合は健康面や体力面には自信があることを言及したほうが良いでしょう。

保育士という職業は、元気な子どもを相手にする仕事が大半ですので想像以上に体力を使います。体調をきちんと管理できることを書いておくと少しでも採用担当者の不安をなくすことができるでしょう。

保育士向け志望動機の例文

私は中学生の頃から、幼い子どもの成長に関わる仕事がしたいと思い、保育士になりました。2園の保育園を経験し、現在勤める2園目の保育園では園の立ち上げから関わり、主任保育士の補佐として現場保育士のリーダーを務めております。今後の目標として幼い頃海外で過ごした経験を活かし、英語を活かせる保育を行いたいと思っていたところ、貴園の求人を拝見いたしました。英語を活かせる環境、そしてサマーキャンプをはじめとする豊富な自然体験、独自の食育・カリキュラムを通して大人も子どもも楽しみながら創造力を育む保育にとても魅力を感じました。そして貴園で今までのリーダー経験を活かし、現場で誰よりも率先して動き、チームワークを大切にし、ほかの先生と協力してより良い保育を作っていきたいと思い志望しました。どうぞよろしくお願い致します。

志望動機では自分の気持ちをしっかり相手に伝える必要があります。だめな例文は例えば「この保育園の方針に共感したので受けてみたいと思いました」など、方針にどう共感したのかを具体的に述べているものがありがちな失敗です。

良い志望動機の例はやはりその保育園の事業内容に触れ、今まで自分のスキルと経験をどう活かしていけるのかを盛り込んでいるものです。上記の例文がそうなのでぜひ参考にしてみてください。

2017.06.13
転職の準備をしている保育士は「転職したい保育園があるのに、志望理由が思いつかない...」「前の職場は人間関係ですぐ辞めてしまったことを面接官に正直に伝えるべきか」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。採用担当者はたくさんの応募者...

保育士未経験者の志望動機のポイント

あなたが保育士業務を未経験の場合、面接をする保育園側にとって一番の関心事項は、あなたがもし入職したら、仕事についていけるかどうかです。

なので特に未経験の場合は志望動機でそれらの不安を拭い去るように書くことがポイントになります。

「体力面のアピール」や「どんな事でもチャレンジしたい」など大げさでも構わないので書いていくといいでしょう。

また、育児をしながら保育士になりたい方はそのことも志望理由に盛り込みましょう。子育てしていることは非常に大きなアピールポイントになります。

保育士未経験者向け志望動機の例文

私は以前は一般の会社で事務職として働いていました。社会人として経験をするにつれ、「人の役に立ち、手に職をつける仕事をして成長したい」という思いが強くなりました。事務の仕事も良い経験にはなったと思いますが、それ以上に自分の目指すキャリアを考え、事務職の経験を活かす場面がある保育士へ転職することを決意しました。その後、通信制の学校で保育を学び、昨年試験に合格しました。実務はまだ未経験ですが、私は保育に関わる仕事に情熱を持っています。これから精一杯頑張りたいと思います。

上記の例文は事務職から保育士に転職する場合の志望動機の例です。事務職、教員など保育士に通ずる部分がある職業の場合は前職の経験から何ができるのかを伝えると良いでしょう。

2017.07.10
転職の準備をしている保育士は「転職したい保育園があるのに、志望理由が思いつかない...」「前の職場は人間関係ですぐ辞めてしまったことを面接官に正直に伝えるべきか」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。採用担当者はたくさんの応募者...

ブランク保育士の志望動機のポイント

結婚や出産で寿退社してまた保育の現場に戻る方はたくさんいらっしゃいます。

このようにブランクがある保育士の場合、「どうして仕事に復帰しようと考えたのか」を重点的にアピールしておくと良いでしょう。

また、以前の園との考え方の違いや人間関係が上手くいかなかったので離れたと言った場合は、前の職場についての不満や愚痴を履歴書に書いたり面接で言わないよう、注意しましょう。採用担当者はその話について興味がないのはもちろん、かえって「また同じ理由で辞めるのではないか」と心配になります。

ブランク保育士向け志望動機の例文

私は以前まで保育士として働いておりましたが、29歳の時の結婚を期に退職しました。そして7年のブランクを経てもう一度保育士として働きたいと思うようになりました。そのきっかけは自分の子どもを保育園に迎えに行ったときに、他の子どももかわいい、一緒に遊んであげたい、お世話したいと思ったからです。また、発達段階である子どもの成長に役に立つ仕事にやりがいを感じることができる、子育ての経験も生かせると感じたので保育士への復職を決意しました。

ブランクに対して不安を感じている人は多いかもしれません。しかし、保育士はブランクを経て復職する人が非常に多いので、「スキルをアピールしなければ」「良い理由を考えなければ」といった心配はいりません。

基本的には正直にこれまでの経歴を話すだけで大丈夫です。

2017.07.31
転職の準備をしている保育士は「転職したい保育園があるのに、志望理由が思いつかない...」「前の職場は人間関係ですぐ辞めてしまったことを面接官に正直に伝えるべきか」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。採用担当者はたくさんの応募者...

志望動機を楽に考えたいなら転職サイト!

「志望動機がどうしても思いつかない・・」「志望動機を考えたから1度見てほしい!」という人は転職サイトを利用しましょう。

転職サイトに登録すると担当のコンサルタントに履歴書や面接の対策を受けることができます。より効果的な志望動機になるまでサポートしてくれますよ。

志望動機の添削が上手な転職サイトとして以下をご紹介します。

保育ひろば

保育ひろば

「保育ひろば」は利用者満足度94.2%の大人気転職サイトです。転職のプロが保育士の志望動機作りをサポートします。

大手ならでは充実したサービスがあるのでぜひ利用してください。

保育ひろばの公式ページへ

関連する他の記事

保育士の給与に注目!引き上げは行われる?
保育士の給与は安いとよく言われますが、どうしてそんなに安いのでしょうか。近年、待機児童の問題が放っ...
保育士の子供嫌い、解決策ってあるの?
保育士は子どもと接するお仕事なので、保育士として働いている人は皆子どもが好き。そう思っている人はた...
保育士の非公開求人はどうやって探す?おすすめの転職サイトはどれ?
保育士の求人の中には、非公開求人といって、一般には非公開にされていて自力では見つけられないものがあ...
脱ブラック保育園!特徴と見極め方をご紹介
保育士はブラックだとよく聞く方も多いのではないでしょうか。流行語にも選ばれたブラックという言葉、今...
ページ上部に戻る