TOP > 転職に役立つ資格 > 保育士のスキルアップ!チャイルドカウンセラーとは

保育士のスキルアップ!チャイルドカウンセラーとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんを抱えるお母さんにカウンセリングをする女性

保育士がスキルアップするためには、業務に役立つ様々な資格を取得するのが最も効果的です。

子どもの人生の中で大事な期間を受け持つわけですから、より高いスキルや知識が必要になります。

スキルアップするためのおすすめは「チャイルドカウンセラー」という資格を取ることです。

世間的な認知度が低い資格ですが、どういった資格なのでしょうか。

ここでは、保育士がスキルアップするために取るべき資格の「チャイルドカウンセラー」について詳しく説明していきます。

保育士必見の情報が満載ですよ。

保育士は知っておこう!チャイルドカウンセラーとは

チャイルドカウンセラーという名前すら聞いたことが無いという人も多いはずです。

名称から察するに子どもに関係する資格ということはわかりますが、一体どのようなことができる資格なんでしょうか。

まずは基本的な情報について完璧に押さえましょう。

チャイルドカウンセラーとは

資格の定義は「悩みを抱えている子どもをサポートするスペシャリスト」を指します。

いじめや家族の問題など悩みを抱えている子どもが増えている現状を打開するきっかけになれるような資格です。

子どもたちのメンタルケアをするのが主な仕事ですが、時には保護者のサポートをすることもあります。

子どもが好きな人や心理学に興味がある人に非常におすすめの資格です。

資格の取得方法

残念ながら独学では資格は取得できませんので、まずは講座に申し込みましょう。

講座ではカウンセリングの知識やテクニックを学ぶことができます。カリキュラムを修了することで認定試験の受験資格を得られます。

認定試験を受験して合格すれば資格を取得することができます。

ちなみに試験は自宅で受けられるものもあるので、会場に出向く手間が省けますね。

市場価値

先程も言ったように、最近は悩みを抱える子どもが非常に多く、子どもたちの心のケアが大きな課題になっています。

いじめで悩んでいた子どもが自殺をしたというニュースもよく聞きますよね。それだけ早急な解決を迫られています。

子どもの悩みを解決するというのは難しく、子どもに接する機会の多い保育士と言えど子どもの心のケアをするのは簡単なことではありません。

よってチャイルドカウンセラーの市場価値は高くなっています。今後さらに高くなることも予想されますね。

チャイルドカウンセラーの資格の特徴

チャイルドカウンセラーについて知ってもらったところで、次は資格の特徴を見ていきましょう。主な特徴は以下のとおりです。

  • 民間資格である
  • 仕事の幅が広い
  • 在宅で資格が取れる
  • 働き方のスタイルが豊富

保育士と違う特徴も多いので覚えておきましょう。

民間資格である

保育士が国家資格であるのに対してチャイルドカウンセラーは民間資格です。

民間資格なので、就職・転職にはそこまで有利になりません。

ですが、取得するために講座を受講する必要があることから信頼性が高いため、いろいろな仕事につながる可能性はあります。

仕事の幅が広い

「子どもの心」に関する資格なので、働く場所や職業は幅広いです。

保育士はもちろんですが、スクールカウンセラーやベビーシッター、臨床心理士など様々な働き方ができます。

施設に就職して専属で働くこともできますが、いくつかの場所を掛け持ちして仕事をすることもあるでしょう。

また、学校や施設に出向いて講演会を行っている人もいます。

在宅で資格が取れる

講座を受講すると言いましたが多くは通信講座で、自宅にいながらカウンセリングの知識を学ぶものがほとんどです。

前述したとおり試験も在宅で行うことができるので、最初から最後まで在宅で資格が得られます。

講座にもよりますが、4ヶ月程度で資格が得られるので、比較的取得難易度が低いのも特徴です。

将来的なニーズが期待できる

市場価値が上がっているというのもありますが、大きな要因は仕事のしやすさです。

インターネットが普及したことにより、メールやテレビ電話でのカウンセリングをおこなえるようになりました。直接出向かなくてもカウンセリングが行えるので時間の短縮もできますし、自分にあったスタイルで働ける様になるでしょう。

保育士がチャイルドカウンセラーの資格を取るメリット

保育士がチャイルドカウンセラーの資格を取得する代表的なメリットを以下に示します。

  • 保育士業務に活かせる
  • 信頼度が上がる
  • 転職に有利になる

よくわからないものもあるかと思うので説明していきます。

保育士業務に活かせる

保育士は「保育の専門家」ですが、「保育」というのは精神的な部分が非常に大きいです。

子どもを保育するということは子どものメンタルケアが必要不可欠です。

カウンセリングの知識は学ばないと身につかないですし、自分の過去の経験だけでメンタルケアをするのは危険です。

幼少期の経験は一生のトラウマにつながることもありますし、カウンセリングの知識は保育を行う上でぜひ持っておきたいですね。

信頼度が上がる

チャイルドカウンセラーの資格があると職場の同僚や子どもを預ける保護者からの信頼度が上がります。

保育士の仕事の悩みで子どものメンタルケアに関するものは多いです。資格を持っていると相談を受けることもあるでしょうし、それだけ信頼度や評価が上がります。

保護者にも同じことが言えて、アドバイスをしてあげるとより保護者との距離も縮まるはずです。

転職に有利になる

保育士が転職を考えるなら保育士資格だけでは心もとないです。

チャイルドカウンセラーの資格を持っているというのは多少なりとも優遇されるでしょう。

転職先の幅も広がるかもしれませんね。

チャイルドカウンセラーの資格を取ってレベルの高い保育士に

保育士が持っておいたほうが良い資格は多くありますが、心のケアに特化したものは多くないです。

だからこそチャイルドカウンセラーの資格がおすすめできます。

将来的に何があるかわかりませんし、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

2017.07.13
保育士がスキルアップするためには、業務に役立つ様々な資格を取得するのが最も効果的です。子どもの人生の中で大事な期間を受け持つわけですから、より高いスキルや知識が必要になります。スキルアップするためのおすすめは「チャイルドカウンセラー」とい...

関連する他の記事

鹿児島の保育士求人の傾向とおすすめ転職サイトを紹介!
九州地方の南に位置する鹿児島県は約160万人の人口があります。九州の中でも存在感があり、屋久島、奄美大...
浜松の保育士求人の傾向とおすすめ転職サイトを紹介!
静岡県に位置する浜松市の人口は約80万人です。市内には名産や観光スポットが多く、何と言ってもうなぎが...
盛岡の保育士求人の傾向とおすすめの転職サイトを紹介!
岩手県の県庁所在地である盛岡市はわんこそばなどが有名ですよね。岩手県の中では待機児童数も多い地域で...
保育士資格(免許)ってなに?どうやって取るの?
何か特別な職業に就くときには、働くことを認められた存在である証の「資格(免許)」が必要なものが多い...
ページ上部に戻る