TOP > 求人探しのポイント > 不足?労働環境悪い?保育士の求人の現状とは

不足?労働環境悪い?保育士の求人の現状とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
求人の傾向について考える人

最近ニュースで話題になっている待機児童問題も最近では緩和傾向にあります。しかし、まだまだ現場では保育士が不足しています。

保育士の離職率が5年未満の方が50%を占めると言われています。給料の低さや子育てとの両立の難しさなどが理由として挙げられます。

ここではそのような現状と最近の求人事情などについて紹介します。

保育士が不足している現状

保育士不足の現状は深刻で2017年度末には7万4000人が不足すると言われています。しかし、保育士の資格を持っていながら働いていない人は全国で68万人いると言われています。

ここでは保育士の労働環境から現場の働き方がどのようになっているのか紹介したいと思います

過酷な労働環境について

保育士の資格取得を目指す方のほとんどは子供が好きな方です。しかし、実際働いてみると朝早くから出勤し夜遅くまで残業が続いたりとあまりの大変さに3年未満で辞めてしまう人が全体の5割にもなります。

子どもと一緒になって体動かしデスクワークもこなし保護者の対応もあり1人あたりの負担や責任がとても重くなってしまう現状があります。過酷な労働環境のため離職率が高く、残った人の負担が多くなってしまうという良くないスパイラルに陥ってしまっています。

給料の低さも原因

これだけ過酷な労働環境にも関わらず給料が安く、都道府県別にみると年収が100万円近く差があるところもあります。昇給はもちろんしますが、上がる額も少なく満足できる額ではないのが現状のようです。

そのため離職率も必然と高くなります。特に男性の保育士の方は結婚を考えたときに働きづらい環境であり、家族を養うためにこの給料での生活は厳しいと言えます。

最近の保育士の求人の動向

このような労働環境で保育士の人材確保の為に厚生労働省は民間保育所で働く人の給料を平均で5%あげる取り組みを行っています。ここでは最近の求人情報から働く環境がどのように変化しているか紹介していきます。

労働環境は改善されつつある

上記で述べたような状態が続く中で待機児童2016年の時点で約4万7000人がいます。政府も本格的に待機児童0にしようと数多くの取り組みをしています。

また、数多くの保育園もサービス残業の廃止や仕事の持ち帰り禁止などといったルールを設け働く環境の改善に努めているところが多いです。最近では、保護者や児童のニーズに合った24時間体制の保育円や夜間保育といった保育園が登場しています。

同様に、保育士にあった保育園も多くなりより良い求人を見かけることも多くなってきました。自身が働いていた環境に問題があると感じたら思い切って転職するのもいいかもしれません。

給料や待遇も良くなってきている

労働環境が良くなってきていても給料の底上げはなかなか難しいようです。厚生労働省は全体の給料を月額2%引き上げると報じられています。2%とは約6000円で大幅な改善策とは言えないようですがこれから少しずつ改善されていく流れのようです。

給料面だけで考えた場合まだまだ厳しい現状ですが、家賃手当などといった待遇面での強化がされてきています。

小規模保育園は少人数の児童が相手になるので自身の負担も軽くなります。また、完全週休2日や正社員雇用でもシフト制の求人も多くみられます。人材確保の為に保育園側も対策しているところが多い傾向にあります。

保育士の人が自分に合った求人を見つけるためには

ここまでをまとめると、現在の保育士の労働環境や給料は以前より改善されつつあり働きやすい環境づくりに保育園も政府も対策をしてきています。今の環境からより良い環境の職場に転職するためにはどうしたらいいのでしょうか?

求人サイトで転職

まずは、求人サイトや転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。求人サイトでは1つのサイトだけでなく複数と比較しながら探すのがいいですがなかなか大変な作業になり今働く環境が大変で探す時間や気力がないという人にはあまりおすすめできません。

逆に、今は現場を離れ子育てなど頑張ってきたが落ち着いたので復帰しようと考えている方にはオススメです。いくつかの求人サイトでパートの方がいいのか正社員や派遣がいいのかなど自分のライフスタイルに合った選択ができると思います。

転職エージェントを使って転職

転職エージェントは自分の希望に沿った求人だけを紹介してくれるので自分で探す手間を省くことができます。また、環境は気に入っても給料に納得がいかない場合は交渉もしてくれるので自分にとって一番良い職場に転職が可能と言えます。

転職エージェントには非公開求人というものがあり一般には公開されていない求人も見ることができます。担当者は面接の対策をしたり日程の調節もしてくれるので働いている保育士の方にオススメです。

2017.06.13
最近ニュースで話題になっている待機児童問題も最近では緩和傾向にあります。しかし、まだまだ現場では保育士が不足しています。保育士の離職率が5年未満の方が50%を占めると言われています。給料の低さや子育てとの両立の難しさなどが理由として挙げられま...

まとめ

保育士の働く環境や給料の問題は、現在改善されつつあります。待機児童を減らすためにいわゆる潜在保育士の方が職場復帰や現在働いている保育士の方の為に保育園や政府も良い労働環境を作るように努めています。

それに伴い今までよりも求人の質は上がってきています。以前はなかった給料や環境も見つけやすくなってきているので、職場復帰を考える方や今の職場に満足していない方は転職して新しい環境で楽しく働いてみましょう!

関連する他の記事

転職で有利!仕事で役立つ!保育士おすすめ資格7選
今の時代の保育士は、以前に比べて高いレベルを求められる職業となっています。保育業界のレベルが上がっ...
和歌山県の保育士求人の傾向とおすすめ転職サイトを紹介!
和歌山県は子どもの教育支援に力を入れており、保育所・幼稚園と小学校の連携を始めとする幼児教育の改善...
【解説】保育士が上京して転職するメリット&注意点!
「いつかは憧れの東京で働きたい」とお考えの保育士さんは少なくないのではないでしょうか。でも、いざ上...
保育士の転職回数が多いと不利になるの?
皆さんは多くの職場を転々としている人に対してどのようなイメージを持ちますか。「忍耐力が足りないので...
ページ上部に戻る