TOP > 施設別の転職 > 保育士が転職するなら企業内保育所がオススメ?

保育士が転職するなら企業内保育所がオススメ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもとパソコンを見る女性

転職率が高い保育士にとって最適な職場を見つけるのは大変ですよね。実は転職後の満足度が高い職場があることを知っていますか?

それは企業内保育所です。聞き馴染みのない人もいるかも知れませんが、保育士に人気の転職先となっています。

ここでは企業内保育所とはどんな職場なのか、働くメリット・デメリットなど役立つ情報をご紹介します。

保育士に人気の企業内保育所とは

まずは企業内保育所の基本的な情報をおさらいしておきましょう。

企業内保育所とは

企業内保育というのは、その企業で働いている従業員のために開設された保育施設で行われる保育を指します。

簡単に言うと、その企業専用の小規模保育園のようなものですね。

つまり企業内保育所は企業内保育を行うために企業が用意した部屋、施設の事です。企業が位置する建物の中にある場合と近くの別な場所に設置されている場合があります。

また、企業内保育所で働く保育士を「企業内保育士」と呼びます。

なぜ企業内保育が必要なのか

近年は待機児童の増加が問題になっています。その結果、女性社員が産休や育休明けに子供を預けるところが見つからず、復職できないという弊害が起こります。これは会社としても非常に痛手です。

そこで社員向けに子供を預かるための場所を開設したのが企業内保育所です。これにより女性社員が復職しやすくなるという大きなメリットがあるのです。

企業内保育士の仕事内容

企業内保育士の仕事内容は普通の保育園と基本的には変わりません。食事をとらせたり昼寝をさせたりと保育士としての仕事を行うだけです。

ただ大きく違うのは行事やイベントの有無です。預かっている子どもの保護者は同じ会社の従業員なので、休みを合わせることは非常に困難です。

よって保護者が参加するような大掛かりなイベントは行えません。

企業内保育士として働くメリット

保育士からの人気が高いということはそれだけメリットも多く存在します。企業内保育士として働くメリットをご紹介します。

給料がとても高い

保育士は給料が低い職業として世の中に認知されていますが、企業内保育士は非常に給料が高いです。

施設を運営している企業の規模に大きく左右はされますが、全体的に給料が高くなっています。大企業が運営する施設の場合は全国平均の倍近い年収になることもあります。

給与メインで転職を考えている人にはとてもおすすめです。

福利厚生が充実している

企業内保育士の福利厚生は保育所がある企業と同じであることが多いです。また、企業内保育所がある企業のほとんどは大手企業です。

給料同様、大企業になるほど福利厚生は充実しており、細かい手当などが多数ついています。

よって企業内保育所の福利厚生は充実していることが多いです。

土日祝日休み・残業なし

保育所を運営している企業が土・日・祝日休みだった場合は必然的に企業内保育所も同じように休みになります。残業がない会社の場合も同様です。

逆に言えば会社の運営状況に左右されるので、可能であれば会社の平均残業時間なども調べておきたいですね。

保護者と連絡が取りやすい

預かっている子どもが大きなけがや病気をしてしまったときも近くで保護者が働いているため、連絡を取るのが簡単です。

普通であれば個人あてに連絡を取らなければならないですが、緊急の場合は会社に連絡もできますし、すぐに来てもらえるので子どもも保護者も安心できる保育形態になっています。

また、近い場所で働いているからか保育士と保護者の距離も近く、交流しやすいです。お互いに信頼関係を作りやすい環境と言えるでしょう。

子どもと深く関われる

保育園に比べると小規模なので、子ども一人ひとりのことをきちんと見てあげられます。

よって、人数が多すぎて目が行き届かない、といったリスクを避けることが可能です。

企業内保育士として働くデメリット

もちろんメリットだけではありません。ここからは企業内保育士として働くとどのようなデメリットがあるのかをご紹介します。

保育環境が整っていない場合がある

企業内保育所を運営しているのは利用者が勤務している一般企業です。保育に全く関係のない企業が運営していることが多いため、保育園に比べると十分な保育環境が整っていない場合があります。

企業側からすると簡易的な託児所程度に考えているかも知れません。しかし、保育士の立場から見ると安全面や衛生面、その他の設備など不足している部分が出てくることもあります。

もしも欠陥をみつけたら企業に申し出てみると改善されるかも知れませんよ。

急なリストラもありうる

待機児童の増加により企業内保育所は増設の傾向にあります。しかし、その一方で企業側の事情によりいきなり閉鎖される場合も多いです。

運営企業の景気や利用状況次第で突然閉鎖されてしまうため、会社員と同じようにリストラされるリスクがあると考えた方がいいです。

安定を求めるのであれば超大手企業の企業内保育所をねらいましょう。

やりがいを感じにくい

保育園に比べると保育というよりも託児所のような扱い方をされるので、保育士としてのやりがいは感じにくいかもしれません。

仕事にやりがいを求めるかは人それぞれですが、やりがいがないという理由で辞めてしまう人もいます。自分が仕事になにを求めているのかを改めて考えておきましょう。

求人の倍率が高い

これは働き始める前のデメリットになってしまいますが、企業内保育士の求人倍率は非常に高いです。

特に大手企業の求人は応募するのだけでも難しいですし、応募しても面接までたどり着かないこともよくあります。

保育士向け転職サービス会社などに登録して、少しでも早く求人を見つけられるようにしましょう。スピードが肝心です。

2017.06.13
転職率が高い保育士にとって最適な職場を見つけるのは大変ですよね。実は転職後の満足度が高い職場があることを知っていますか?それは企業内保育所です。聞き馴染みのない人もいるかも知れませんが、保育士に人気の転職先となっています。ここでは企業内保...

企業内保育士の求人探しなら「保育ひろば」

保育ひろば

人気の企業内保育士求人を探すなら転職サイト「保育ひろば」がおすすめです。求人数は業界随一ですし、コンサルタントによる転職サポートも充実しています。

登録・利用は全て無料なのでぜひ利用して転職を成功させましょう!

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

関連する他の記事

保育士だけじゃない!「保育ひろば」は栄養士でも転職できる!
「保育ひろば」は大人気の保育士転職サイトです。しかし、「保育ひろば」を利用することができるのは保育...
保育士の楽な職場をご紹介!保育園以外にも選択肢がこんなに?
保育士の仕事は子供のお世話がメインになっているので、子供が好きな方にとっては非常にやりがいのある仕...
保育園で働く看護師に注目!病院よりも保育園は働きやすい?
保育園には看護師がいるということをご存知でしょうか。保育園で働く看護師にはどんな役割や仕事があるの...
保育士が異業種・異業界への転職を成功させるためにはどうする?
保育士は想像しているよりも大変な仕事です。あまりの過酷さに別な仕事がしたいと考える人も多いようです...
ページ上部に戻る