TOP > 保育士の仕事術 > 保育士におすすめ!園児にウケる保育園の出し物3選

保育士におすすめ!園児にウケる保育園の出し物3選

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育園の出し物でやる人形劇

仕事は忙しいのに、日々子どもたちをどう楽しませようか、イベントや出し物について考えている保育士さんも多いことでしょう。

特に新人保育士さんは、先輩保育士さんから新しい遊びのアイデアを出すことを頼まれたりしますよね。

実は出し物は、それをいつ行うか、また何のために行うかによって内容を変えるべきなのです!

今回は、保育士さんたちが出し物を考える上で押さえておきたいポイントを紹介します。

保育園は出し物をやる機会が多い?

保育の場において何かと出し物をする機会が多いですよね。毎月の誕生日、クリスマス、お楽しみ会、入学式、自己紹介、お別れ会…一年で何回やるんでしょう。

それ以外にも時間が少し余ったときなど、ちょっとした遊びをしてあげることは求められます。

出し物は子供たちが飽きないこと、また皆が広く楽しめるものが求められます。

今回は、鉄板の三つのジャンルから劇、ゲーム、手品は、何をいつやるべきなのか、どんなものがあるのか、またその注意点について解説します。出し物のアイデアを一緒に考えていきましょう。

保育園のおすすめ出し物①「劇」

鉄板出し物の1つ目「劇」です。保育での劇はメッセージ性を持たせたることができ、子どもたち同士が仲良くなくても成立するので、入学式や、お別れ会、自己紹介で行うのがオススメです。

また劇にも何種類かありますので、いくつかご紹介しましょう。

人間劇

典型的な例は人間劇です。先生たちが実際に役になりきって劇を行い、昔話等の物語を作っていきます。「大きなかぶ」等繰り返しのセリフがあり、子供達は一緒に参加出来るものを選ぶとより盛り上がるかもしれません。

人形劇

人形劇は人形を使って行う劇です、手作りの人形や元々あるぬいぐるみ等を使って物語を作っていきます。手作りの場合は紙にイラストを書いて割り箸を貼るという簡単なものでも構わないでしょう。子供達に人形劇に参加してもらえば、工作から始められるので子供達の出し物にはぴったりですね。


どれも図書館の絵本のコーナーからアイデアを参照したり、有名な昔話から引用するのも良いでしょう。その中でも主人公がはっきりしていて、園児がその主人公に感情移入しやすい作品を選ぶべきです。

それも季節に合わせた内容になると、子どもたちにとってはとても新鮮に感じられます。梅雨、クリスマス、ハロウィン、お花見などです。

ここで気を付けるべきなのは「大きさ」です。会場の規模や人数をあらかじめ把握しておき、どこまでなら見えるんだろう、シュミレーションしてください。

子供は見えないとすぐに「見えない!!」といいますよね。他の園児たちの集中力を削ぐことにもなるので、それは避けたいです。園児たちに「ここの線から後ろで見てね。」や、「お尻は床に付けて静かにみようね」、など注意喚起は必要です。

2018.04.09
仕事は忙しいのに、日々子どもたちをどう楽しませようか、イベントや出し物について考えている保育士さんも多いことでしょう。特に新人保育士さんは、先輩保育士さんから新しい遊びのアイデアを出すことを頼まれたりしますよね。実は出し物は、それをいつ行...

保育園のおすすめ出し物②「ゲーム」

二つ目のおすすめ出し物は「ゲーム」です。こちらはみんなで盛り上がる要素が強い出し物です。

そのため劇と違い、仲良くなってきた状態のクリスマス会や、誕生日会、日々の出し物でやることをおすすめします。また園児たちを疲れさせることができるので、お昼寝の前や、宿泊行事の夜のイベントでやると良いでしょう。

具体的な例を挙げると「じゃんけん列車」「フラフープくぐり」「おしりタッチ」などの遊びが有名です。

じゃんけん列車

じゃんけん列車は、音楽と同時に列車の真似をしてみんなで歩きます。音楽が止まると近くにいる人と1対1でじゃんけんをして、負けた人は勝った人の後ろに肩をもってつながります。これをどんどん続けていき、一位(列車の先頭でじゃんけんに勝ち続けた人)を決めます。園児たちは負けると飽きやすいので、三回戦ぐらいで1ゲームを終わらせると良いでしょう。

フラフープくぐり

フラフープくぐりはチームに分かれ、みんなで手をつなぎ、体やつながった状態の腕をうまく使いながらフラフープを端の人から端の人までつなぐゲームです。これも園児が飽きないように、1チームの人数を減らしたり、仲間を応援させるような声掛けをするのが良いでしょう。結構盛り上がります。

おしりタッチ

おしりタッチというのは、1対1もしくは何人かで行うゲームで、向かい合って、スタートの合図で素早く相手のお尻をタッチします。お互い相手のお尻を触ろうとしながら、相手には触られないように動き回るゲームです。複数でやるときはバトルロワイアルのような感じになりますね。しかし男の子たちが走って逃げたりしないように円などを書いておき、範囲を設定しておくのが良いでしょう。

保育園のおすすめ出し物③「手品」

最後のおすすめ出し物は手品です。「いや、私は手品なんてやったことないし、不器用だし、準備が大変そうだし、難しそうだしできない!」と思っている保育士さんもいるかもしれませんが、安心してください。園児たちはとてもピュアなので、簡単な手品でもとても喜んでくれます。

マジックはお誕生日会で、誕生日の子供にマジックを送ってあげたり、帰りなどに時間が少し余ったときにやるのが良いでしょう。不器用でも身近なもので簡単にでき、かつ受けがいいマジックをご紹介します。

色が変わる水

色が変わる水のマジックはまず水の入ったペットボトルを用意します。ペットボトルのふたにはあらかじめ絵具がついており、ペットボトルを振ると透明だった水に色がつきます。

とても簡単なマジックですね。

このマジックのポイント①

あらかじめ可愛い工作を作っておくといいでしょう。例えば、おばけのイラストえお書いた紙や画用紙を作っておいて、「おばけをジュースにします!」と言ってペットボトルを振り青や白のジュースを作ったり。おばけをジュースにするという面白い発想とマジックの驚きが合わさってとても盛り上がることでしょう。

このマジックのポイント②

マジックをやる格好ですが、マジックマンのような黒いマントで黒いハットでという形から入ると、園児たちは盛り上がりますが、「○○先生だーー!」「にせもののマジックマンだーーー!!」などの園児たちの声で他の園児たちの集中が切れてしまいます。

保護者のマジックの出し物で、マジックマンが盛り上がりすぎて収拾がつかなくなってしまった事態があるということも。

そのため格好はいつも通りが良いと思われます。

出し物で子供達を笑顔に!

以上、鉄板の3ジャンルの適切な時期や、やり方、注意点などを紹介しました。

自分の働く保育園に合った形で、適切な時期に、適切な出し物ができるようになると、子どもたちを確実に楽しませることができます。

子どもたちの笑顔のために頑張ってみましょう。

残業が多くて辛いなら転職!

出し物をする時は事前に準備が多くて大変ですよね、日々の業務に加えて準備の時間も必要になるので残業があることも多いでしょう。残業が続いて耐えられない、辛いと思ったら壊れる前に転職をしてしまいましょう。転職をして環境が変わり、今よりもっと楽しく仕事をすることができるかもしれませんよ!

転職サイトはヒトシア保育(旧:保育ひろば)がおすすめ

仕事探しはヒトシア保育(旧:保育ひろば)がおすすめです。

相談にもたくさん乗ってもらえますし、自分に合った職場を紹介してくれるので安心して仕事を見つけることができます。

ヒトシア保育(旧:保育ひろば)登録はこちらからすぐできます!無料ですので是非お試しください。ヒトシア保育(旧:保育ひろば)の公式ページへ


さらに、おすすめできるさまざまな保育士転職サイトをランキング形式で紹介しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

⇨【保育士転職サイトランキング最新版】


関連する他の記事

初めてでも安心!紙芝居の正しい読み方
保育士のお仕事には紙芝居を子供たちに読み聞かせる業務があります。慣れていない新米保育士さんは、難し...
【保育士必見】子供をやる気にさせる言葉かけとは?
保育士にとって、日々の子供たちへの「言葉かけ」はとても重要ですね。子供はすごく感受性が豊かです。そ...
保育士と幼稚園教諭の資格はどっちがおすすめ?両方取る必要ある?
子どもが好きな方にとって「保育士」と「幼稚園教諭」は非常に人気の職業です。どちらも小さな子どもを相...
【季節別】保育士の帽子選びのポイントは?
保育士さんの必須アイテムと言えば「エプロン」「ジャージ」などがありますが、お散歩や外遊びなどで外出...
ページ上部に戻る