TOP > 施設別の転職 > 保育士に人気!院内保育ってなに?メリット・デメリットは?

保育士に人気!院内保育ってなに?メリット・デメリットは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
病院で検査を受ける女の子と医師

保育士の転職においてとても人気のある求人の1つが院内保育です。

院内保育の求人は労働条件や待遇が良いことで知られ、非常に人気があるあまり応募が殺到してしまうため非公開にされていることが多いです。

そんな保育士の転職先として人気のある院内保育がどのような場所なのか、メリット・デメリットと合わせてご紹介します。

院内保育と保育園。何が違う?

まずは簡単に院内保育が一体何なのかについてお話します。

一般的な保育園とどのように違うのでしょうか。施設、働く保育士の特徴について見ていきましょう。

院内保育とは

院内保育とは、病院に勤務する医師や看護師をはじめとする職員の子どもを預かるための保育所です。

基本的に病院内または病院の近くに設置しています。

看護師はほとんどが女性であることや、病院は24時間を交代で勤務していることなどから、院内保育は病院になくてはならない制度なのです。

院内保育の仕事

院内保育と言っても仕事内容は保育園とほとんど大差ありません。子供預かって保育を行うことが仕事ですね。

大きく違うことは医師や看護師と同じように夜勤があることです。夜勤の場合、子供たちは眠っていることが多いのでほとんど手はかかりません。

院内保育の施設種

院内保育は一定の基準を満たすことで補助を受けることができる制度があります。

補助を受けられる院内保育施設は「A型特例」「A型」「B型」「B型特例」に分かれていて、それぞれ子どもの数や保育士の数が定められています。以下の表の通りです。

区分保育児童保育士等職員保育時間
A型特例1人以上4人未満2人以上8時間以上
A型4人以上2人以上8時間以上
B型10人以上4人以上10時間以上
B型特例30人以上10人以上10時間以上
2017.07.04
保育士の転職においてとても人気のある求人の1つが院内保育です。院内保育の求人は労働条件や待遇が良いことで知られ、非常に人気があるあまり応募が殺到してしまうため非公開にされていることが多いです。そんな保育士の転職先として人気のある院内保育がど...

保育士が院内保育で働くメリット

院内保育は保育士に人気の転職先だけあって、働く上でのメリットも多く存在します。次は院内保育で保育士が働くメリットについてお話します。

この先を読めばきっと院内保育で働きたくなりますよ。

ひとりひとりに寄り添った保育ができる

病院で働く職員の子どもを対象にしているため、病院の規模にもよりますが比較的小規模保育施設になりがちです。

小規模保育は子どもひとり一人ときちんと向かい合った保育ができることから保育士の転職先だけでなく保護者にも人気です。

小規模保育園で働きたいと考えているなら院内保育も候補に入れてみて下さい。

保護者との連絡が取りやすい

病院内・近隣に位置しているため、保護者との連絡が取りやすいです。何かあった時も連絡がすぐ取れるので安心ですね。

また、施設を運営しているのも病院なので、職員である保護者との連携が取れます。

施設のルールが変わった時の共有などが行いやすいです。

駅から近くて通勤が楽

病院が多くの人が利用する施設であるので駅から近いなど立地が良い場合が多いです。

おのずと院内保育も立地がよくなり、働く保育士も通勤が楽になります。

保育士に限らず職場の立地は非常に大切ですよね。

行事・イベントが少ない

保育園と違い、行事やイベントは盛んではありません。

小規模な施設であること、保護者が病院の職員であることからあまり大規模なイベントは行いにくくなってしまいます。

行事があると保育士は保育以外に割かなければならない時間が非常に増えますから残業や持ち帰り作業が発生してしまいます。

行事が盛んでないというのは少し寂しい気もしますが、保育士の労働時間を考えるとありがたいことかもしれませんね。

給料・待遇が良い

院内保育が保育士に人気の理由として最も大きいのは待遇の良さです。

前述した労働時間の少なさだけでなく、給料の高さなどが挙げられます。

病院が運営しているため、一般的な保育園で働く保育士に比べると給料が格段に良いです。

保育士は給料が低い職業として認知されていますから人気になるのもうなずけます。

保育士が院内保育で働くデメリット

多くのメリットをご紹介しましたがもちろんデメリットも存在します。

病院が運営しているということでどうしても弊害が出てきてしまいます。

最後に保育士が院内保育で働くデメリットについて見ていきましょう。

変則的なシフト・夜勤

病院は24時間体制で職員が勤務しているので、それに伴って保育室も24時間保育を行っています。

よって、夜勤になってしまう可能性がゼロではありません。

また、病院で働く職員は日中勤務であったり夜勤があったりと勤務時間が変則的になってしまいます。

よって保育士もそれに合わせてシフトが変則的になってしまいます。

保育室が狭い・園地がない

小規模保育ということは保育室も小規模です。

十分な広さがなく、遊ばせるのが難しく、子供の人数によっては危険です。

また、園庭がないことが多いため、外で遊ばせることができません。

狭い室内で遊ぶことしかできないため、遊び方にも保育士のひと工夫が必要かもしれませんね。

病気や感染症に注意が必要

保育室が病院内にある場合は感染症に細心の注意を払う必要があります。

患者からの感染だけでなく、インフルエンザなどを子どもから病院内に蔓延させないようにしなければなりません。

体調がすぐれない人が多い病院では感染症が広がりやすいです。保育士と言えど多少の医学的な知識が求められるかもしれません。

院内保育は転職先におすすめ!

給与や待遇への不満から転職を検討している保育士は多いことでしょう。そんな方には院内保育がおすすめです。

ただし、院内保育の求人は非常に人気が高いので、転職サイトを利用していち早く求人に応募しましょう。

おすすめ転職サイト「保育ひろば」

保育ひろば「保育ひろば」は求人数・サポート力ともにトップクラスの大人気転職サイトです。これまでに数々の保育士が転職を成功させてきました。

院内保育のような珍しい求人も多数抱えているのが「保育ひろば」の強みです。完全無料のサイトなのでお気軽に利用してみてください。

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】

関連する他の記事

働くなら派遣保育士がおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説!
保育士には多くの働き方がありますが、人気の働き方として「派遣」があります。このような雇用形態で働い...
保育士は不器用でも大丈夫?上手に仕事をするテクニックをご紹介
保育士は業務の種類が多様だし、制作物も作らなくてはいけないから器用な人ではないとやっぱりダメなので...
保育士が1年目で転職するのってどうなの?
誰しも仕事を辞めたくなるときってありますよね。それは保育士も同じです。仕事は楽しいことばかりではな...
保育士の楽な職場をご紹介!保育園以外にも選択肢がこんなに?
保育士の仕事は子供のお世話がメインになっているので、子供が好きな方にとっては非常にやりがいのある仕...
ページ上部に戻る